Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]カラフルな色使いの美しいインコ、これらの驚くべき話す能力

/
/
/

鳥は犬や猫のように非常に魅力的ペットのうちの一つだ。 鳥を育てるのに最も魅力的なポイントであれば、すぐに人間の言葉や音を模倣することができるということ。 これは非常に優れた能力で、なんと数百種類の単語を学ぶことができるとする。

実際に鳥のうち、約半数が歌と言うことができるが、他の鳥からの曲を学ぶ。 鳥が歌と言うことができる理由は、まさに歌システムと呼ばれる脳の一部で動作している機能である。 鳥の歌と言葉を聞きたいすべての潜在的保護者のためのいくつかの鳥を紹介する。

アフリカングレーインコ(African Gray Parrot)

灰色のインコは、近年テープリカでペット新しく最も多くの愛を得た新しいうち一つに挙げられる。 この鳥の知能に関連した研究が発表され、人気が急上昇したはずなのに、高度に知的な能力のために、単語を非常に簡単に学ぶ聞くことができているという。 また言っている鳥の間で最もインテリジェントな鳥ながら、同時に動物全体を網羅する範囲で最もインテリジェントな動物のうちの一つで、捕食者をだます程度のレベルである。 一部の専門家は、この鳥の知能が幼児期の赤ん坊と同じようなレベルだと主張している。 特に保護者との絆や親密な関係は、新しいの話す能力を形成するための最も重要な要素であり、絆が強ければ、さまざまな音を模倣するために優れた能力を発揮することができる。 自宅で育てる両方のタイプの中では、チムネ灰色インコがコンゴグレーインコよりも若い年齢から言うことができる能力を持っている。

脱が(Budgies)

簡単にオウムにも呼ばれる脱がも話す能力を持っているが、いくつかの大規模な僕ではなく、あまり優れた実力を発揮していない。 代表的に、オーストラリアが原産であるコモンオウムがあり、いくつかの脱がにもすることができ百単語の語彙を開発することができる。 特になんと1,728以上の単語を開発して以来、1995年にはギネスブックに上がることもした。 ただし声はあまり明確であるので、正確に何を言うか知るのは容易ではなく、すべての種類の鳥が同じ能力を持ったものでもない。 いくつかの鳥300〜500個の間の文章や単語を学ぶことができる。 保護者が言う言葉を模倣することが最も一般的な形態である。 しかし、二匹以上脱がを育て場合は、お互いに多くの時間を過ごす傾向が強まっ保護者の言葉を正しく聞かない可能性も多い。 雄と雌の両方の人間の言葉を模倣することができますが、だいたい雄が雌よりも美しい口調を持っている。

▲イエローネイプアマゾンは非常に知的であり、人間の言葉だけでなく、アクセントまで模倣が可能である(出典=ウィキメディアコモンズ)

インディアンリングインコ(Indian Ring Parakeet)

インドとアジアが原産であるリングインコは何世紀にもペット新しく多くの愛を受けてきたもれる。 最初は王族だけ育てることがあったが、これはリングインコの驚くべき話す能力のためであったとする。 特に優れた言葉と語彙を開発する優れた能力があり、文章でも明らかに表現でき、より多くの愛を受けた。 他の鳥との違いがある場合は、単に人間の声ピッチを模倣するのではなく、自分の声で言葉をするということ。 しかし、文章の雰囲気はそのまま渡すことができるほどレベルが高い。

九官鳥(Hill Myna)

東南アジアで最高の鳥のうちひとつに数えられる九官鳥は、正確な音色で、人間の声を模倣する能力を持っている。 また、さまざまな領域台口笛や鋭い音、悲鳴なども出すことができる。 特に人間の声も様々な範囲のピッチで模倣することができる驚くべき能力を持っている。 主な種では大インディアンヒルと一般九官鳥で、この二つの種は、他の九官鳥種よりも多くの話す能力を持っているのが特徴である。

エレキトゥース(Electus)

ギニーの島から来たエレキトゥースオウムで、しばしばニューギニアインコと呼ぶ。 この新しいもの言語と語彙の天才が引き立つに、はっきりして正確に言うことができるという点である。 オスは緑、女性は明るい赤で帯びており、いずれも言語の色合いと雰囲気を明らかに言葉で表現して模倣することができる。 しかし、これらの優れた技術は、初期の訓練だけに依存するということが欠点であることができる。 一部の種は全体の歌を学び、歌をすることもできる。 人間の言葉と環境から来る他の魅力的な音を模倣することができるが、さらに自分の保護者をだますことができる程度だとする。 自分が学んだことを、正確な状況で繰り返すことができる。

イエローネイプアマゾン(Yellow Naped Amazon)

アマゾンインコと呼ばれるイエローネイプアマゾンは黄色の美しい鳥で、やはり話す能力を備えている。 非常に知的であり、人間の言葉だけでなく、アクセントまで模倣が可能なのが特徴で、優れた品質の様々な言葉を、まるでコピーするように再現する。 幼い子の時から話す能力を発揮することができますが、保護者の言葉や表現のほとんどを学ぶことができる。 ただ一人とだけ絆を持つのが特徴で、保護者と絆が強く相互作用が頻繁ほどますます優れた能力を披露することができる。 他にも、自分の周りにいる人の歌を聞いて繰り返すことは非常に上手である。

モンクインコ(Monk Parakeet)

クエーカーインコとも呼ばれ、サイズは小さいほうに属する。 しかし、非常に知的でありながら社会的な傾向が強く文章と言葉のオウィを開発する能力が優れている。 主にヨーロッパと南米、北米に生息し、他の言う鳥のように、人間の声を模倣することができる。 しかし、適切なケアとトレーニングは必須で、適切社会化訓練を経たら、適切な状況で、自分が学んだ言葉を使用することができる。 また、自分の周囲の環境からは音も模倣が可能である。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!