Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]ペットのカメ、衛生的に世話

/
/
/

爬虫類をペットとして育てる人々はペット爬虫類の世話が日常の落下である。 犬や猫のように同じベッドで寝たり、撫でをすることができませんが、爬虫類また、人々に喜びを与える。 しかし、爬虫類のために予期せぬ問題が発生することができる。

米国では、少なくとも13の州で分譲されたカメのほか爬虫類からサルモネラ菌が発見された。

サルモネラは食中毒と関連細菌である。 この細菌は、カメの糞で主に発見されるが、疾病管理予防センター(CDC)によると、亀の甲羅や皮膚にも細菌が存在することができる。 もし子供が亀を育てている場合、親は子供が亀を素手で触ったり、カメにキスをしないようにしなければならない。

カメに細菌が寄生するが、その細菌が原因で被害を受けるのは人間である。 亀はサルモネラ菌を持っていても平気ではない。 人が細菌に感染すると、腹部痙攣、発熱、頭痛、下痢などが発生する。 サルモネラ菌に感染した人は、一週間程度の治療を受ければ完治される。

他の爬虫類もサルモネラ菌を保有している。 CDCによると、毎年発生するサルモネラ関連疾患の7万件爬虫類によるものである。 したがって爬虫類主人はペット爬虫類の衛生をどのように管理するか知っているべきである。

家づくり

亀はバンスセン生息地に住んでいる。 つまり、カメを育てるには、水と陸地がある水槽が必要である。 水の深さは関係ない。 亀は持って生まれた水泳選手だからだ。 代わりに亀が体を乾燥できる陸地や台座、石などが必要である。 また、水槽の中にフィルターを入れて亀の汚物を吸って、定期的に水槽をきれいにしなければならない。

亀の居住環境を適切に管理するには、温度期2個熱ランプ、水中ヒーターなどをインストールする必要がある。 温度期一つは、水槽内の空気の温度を、他の一つは、水の温度を測定するように設置する。 熱ランプを用いて、夜間や寒い冬にも水槽の温度が21度以下には下がらないようにする。 水の温度は22〜25度維持する。

熱ランプや水槽のヒーターにより亀が感電しないように注意する。 もし自然光に亀を公開することができない場合UVランプも用意しなければならない。 そうでなければカメは、ビタミンDを生成することができない。 ビタミンDは、カルシウムの吸収に必須だ。 カルシウムは亀に非常に重要な栄養素である。

水槽の中をきれいにし、水を替え与えるときは、水が一貫して維持することが重要である。 したがって水槽の水を一度に粉砕より少しずつひくする。 それ以外の場合、水槽の中の有益なバクテリアがすべて消えて亀の生息地のバランスが崩れる。

亀の健康取りまとめる

亀を採用した場合、しばらくは亀が新しい生息地に適応する時間を与える。 カメは、次の症状を示す場合は、すぐ動物病院に連れて行く。

1.餌を食べたり、水をよく飲まない体重が減る。

2.目、鼻、または口からの分泌物が出てくる。

3.下痢をする。

亀を持ち上げるときは、体の中央部をとらなければならない。 亀の頭や足をつかんで持ち上げてはならない。 ペットのカメに触れる前後には必ず手をするとき意味するように洗ってください。 また、水槽に触れる前後に手を洗うならない。

5歳未満の子供、免疫システムが弱い人は、爬虫類と両生類にさらされないようにする。 この動物は、サルモネラ菌を保有している可能性が高い。

また、カメの水槽を清掃するときは、他のものが汚染されることがありますので、キッチンシンクではなく、場所で洗ってください。 専用消毒剤や殺菌剤を用いてカメ水槽をきれいにしてもよい。

カメを散歩させるために、水槽の外に取り出したときに、カメが過ぎ去ったカーペット、床なども細菌の繁殖地になることがありますので、家庭で不要な病気が広がらないようにするには、掃除を熱心にしなければならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!