Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]ペットもファッショナブルに!ペット服着るのすべて

/
/
/

ペットを家族のように思っている人が増え、ペットのファッションも一緒に豊かになっている。 服が翼という言葉があるよう、可愛く着飾ったペットは主人の心さえ楽しませてくれる。 先進国でもこの考えは同じだ。 ペットのファッションへの関心は、全世界的な傾向であり、実際に米国では、毎年1月24日に行われるナショナルドレスアップデー(National Dress Up day)を介して素敵に着飾ったペットがファッションを誇ることもしない。

ところで、私たちは、ペットの衣装やファッションに対してどのくらい知っているか? 一体ペットのコスチュームはいつから始まったもので、最近ではいくつかの流行が起こっているか? これからその面白い話の中に一緒に入ってみよう。

古代ギリシャ

ペットのファッション市場は、過去数年間継続的に成長を遂げてきた。 産業が活況を享受しながら、様々なトレンドも生まれたが、関連の祭りまで登場し、市場は拡大傾向にある。 しかし、このようなペットの衣装文化は、現代ではなく、古代から存在してきたという事実。 実際に古代ギリシャ軍によって始まったこの文化でペットは革靴やブーツを着用したが、当時は冷たい目から体を保護し暖かく保つためであった。 以後ペットの衣装は徐々に派手になって多様化し、発展を遂げてきた。

個性誇る

現代の衣装は、しかし、機能と実用的な面ではなく、ファッションの一部として桁ながら範囲がさらに幅広くなっている。 ファッションに欠かせない重要な点だとしたら? 断然人格である。 人々のように犬などの動物たちも衣装を介して軽快したり、スマートたり、あるいは、タフでラフに見えるなどの自己個性を誇ることができること。

快適

ただし、最もペットの衣装に重要なことは、服を着て快適さを感じることができなければならないということで、同時に楽しい経験に近づくことができなければならない。 もしペットが服を着て行動に制約を受けたり、不快感を感じる場合、これしっかりとした服装になることがない。 ペットは、保護者が希望する服をことごとく着せておいて眺めるアクセサリーではないことをはっきりと認識して服を着る行為が不快な経験がないようにするのが良い。

臨床動物行動主義者であるFIFAワールドカップハチソン(Pippa Huchison)は、ペットが服を着ても、一般的な行動、すなわちウォーキングや休む、トイレを利用するなどを無理なく行うことができる場合は、これはペットにとっての服という概念はもう福祉問題がないことを意味すると説明した。

安全第一

ペットに服を着せるとき、安全性も考慮している。 例えば首を強く包み込むスカーフとか飲み込むことができるアクセサリーは避けた方が良い。 ファッションという名分の前の安全性と快適性が最初に認識されることが必要だと専門家たちは指摘した。

▲ソース=ピクサーベイ

完璧なフィットのための選択の方法

1.材料 – 服の材料は非常に重要である。 天気が寒いならウール素材に塗ることが保温に役立って暑い時クール布を選択するのが良い。 布は、しかし、皮膚にかゆみを誘発させるなどの副作用も発生することがあり、一般的には通気性の良い面の材質を選択するのが良い。

2.評価 – 他の保護者が評価した服のレビューを入念に調べてみるのも賢明な方法である。 オンラインショッピングで服を購入する場合、評価が良いものと悪いものを把握した後、しっかりとした衣装を購入することができなければならない。

3.寸法 – ペットの小柄よりも大きいか小さい服は、動物が動いたときに制約を与えることができる。 また、ポムジョンに快適か、不便な服がある場合がありあり、自分のペットのサイズに合った服を購入するのが良い。

ファッション大会

このように、ペットの衣装とファッションビジネスに据えて関連祭りや大会も続々と生まれている。 特に、保護者とペットが一緒に舞台に歩いて出てきて、ファッションを誇る複数のコンテストもあり、うまくいけば、賞金まで握ることができる。

審査員は、異なる基準をもとにペットの服装を評価することになるが、通常創造性と独創性が最も大きい部分を占めている。 また、服装は大会のテーマやコンセプトを反映しているかどうか、映画のキャラクターに近いか、歴史的な衣装なのか、あるいは保護者の創造性があらわれるかどうかなどを評価する、コンテストの範囲とテーマは非常に多様である。

事実ペットに服を着せることは良い悪いの答えとして定義することができない部分である。 一部の保護者は、服に執着しているのに対し、他の人はあえて服を着る必要がないと主張する。 ただし、ペットが安全だと感じながら不快感がないと、視覚的にもカッコイイ面ペットのファッションに関心を持って服を購入するのも良いアイデアになることがあります。

しかし、ペットが内気で鋭敏な性向を持った面ファッショナブルな服を着せて、人々の注目を受けるようにすることが副作用をもたらすことができる。 結局、本性向や気質など、複数の要素を丁寧に考慮した後、衣装の着用の有無を判断することが最も重要である。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!