Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]モルモットが取ることができる病気

/
/
/

▲モルモットは可愛くふんわりし、他の小動物のように病気にも脆弱である(写真=ⓒマックスピクセル)

モルモットは、手のひらの上に置くことができるほどかわいいペットである。 しかし、他のペットのようにモルモットまた、脆弱な、特定の病気がある。 モルモットは健康に異常が生じた場合、運動や食欲不振、その他の身体機能に影響を受ける。 いつもと違う症状を示す場合も対処できるようにモルモットが取ることができる病気の知識を習得する必要がある。

体外寄生虫

スプルースペットの記事によると、モルモットを取ることができる病気の一つは、体外寄生虫である。 2007年に獣医の資格を取得して、今も活動しているクルーザーは、15年以上の動物の治療経験がある。 彼はまた、Fear Free Level 2の資格を持った専門家でもある。

外部寄生虫の例として、ダニやシラミいる。 一般的な感染症の症状には、負傷の頻度の増加、毛質の損傷、極端なかゆみなどがある。 モナンチュン、ダニ、ゲソンチュン、歯いる場合毛質損失とかゆみの原因となることができる。 モルモットの耳裏側に毛がなくなった場所の周辺でこの歯産んだ卵を見ることができるだろう。 ダニはモルモットの全身に分布しているとみなされても良いが、大きさが小さすぎて、顕微鏡でのみ見ることができる。

これらの寄生虫は、他のモルモットから感染することができ、感染が非常に高い。 また、ペットのモルモットは、ヴェディングや食物から寄生虫に感染することもできる。 新しいモルモットを合祀する前に、外部寄生虫による皮膚症状があるかを最初に確認しなければならない。 また、食品やヴェディングをケージの中に入れる前に一度凍らのもいい。 一日程度凍らしておくと寒い気温によって隠れていた寄生虫が除去され、これにより、他のモルモットに伝播されることを防ぐことができる。

外部寄生虫によって誘発された皮膚の状態を確認すると治すことがあり以降起こる疾患を予防することがありますので、慌てする必要はない。 そのような状況の獣医と相談すると、モルモットが経験している外部寄生虫感染の重症度に応じて最善の治療法を確立することができるだろう。

ジャンピェセクジュン

ジャンピェセクジュンは、胃のより多くのガスが含まれているときにモルモットに影響を与える病気である。 この疾患は、モルモットの食習慣と排泄物に影響を与える。 モルモットは食事と排泄を時によってがジャンピェセクジュンを患う場合、食欲と排便回数の両方減るだろう。 この病気は、ガスがモルモットの身体に留まっているので、モルモットに不快感を与える。 腸閉塞は致命的な結果につながる可能性があるので、絶対に見逃してはならない。

腸閉塞に導く要因はモルモットが突然他の病気やストレスの要因により、食べることを停止症状である。 新しいモルモットに会ったり、ケージを移動したり、外部寄生虫に感染したり、呼吸器疾患にかかるのと同じ単純な活動にもストレスを受けることができる。 モルモットの食事量とベビョンリャンを注意深く観察する必要がある。 ジャンピェセクジュンが疑われる場合は、直ちに合併症を避けるために、獣医に連れて行かなければならない。

生殖器官の疾患

モルモットは、卵巣や子宮の病気のリスクを経ることができる。 したがって、いくつかの所有者は、コストが聞いても、他の利点があり、モルモットに卵巣除去手術を実施する。 卵巣除去は繁殖を制御することにより、モルモットの個体数の増加を心配する必要がなくなる。 特にモルモットを雌雄両方育てる場合は、卵巣除去手術は非常にお勧めされる。

卵巣癌および子宮疾患の悪化に苦しむ雌モルモットは、多くの場合、その部位を除去することにより、治療することができる。 しかし、子宮と卵巣を正常に削除した後でも、がんがすでに転移したことがありますので、問題が残っている。 そのような理由のために、モルモットに卵巣子宮摘出術を実施する場合が多く、この手術は、モルモットが生後6ヶ月になった時に行うことがより安全である。

呼吸器疾患

モルモットは気管支肺炎、上気道感染症、さらには肺炎にかかることがあります。 これら冷たい空気に非常に敏感であり、ウサギ、ネコ、イヌのような他の動物からの疾患を移してくることもある。 呼吸器疾患を予防するためには、ケージを開いている窓やドアや通気孔から離れた方が良い。 同様に、特に他のペットに触れた場合には、モルモットに触れる前に、必ず手を洗ったり、アルコールで消毒することをお勧めする。

沸騰

VCA病院が発表した記事によると、モルモットに影響を与える病気に沸騰が含まれている。 沸騰は、身体の組織の感染性簿記で描かれており、顎、顔、筋肉、歯、皮膚、リンパ節を含むモルモットのいくつかの体の部分に影響を与えることができる。

モルモットからこれらの疾患の症状や兆候が見えたら、時間を無駄にしない近い獣医にすぐに連絡しなければならない。 もちろん、モルモットは、これらの疾患にかからないようにすることができる予防法も覚えなければならない。

▲モルモットに膿瘍が生じることがある(写真=ⓒウィキメディアコモンズ)

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!