Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]予期しない災害で犬救う、「7つの対策」

/
/
/

動物保護団体であるASPCAの最近の調査によると、犬の保護者の3分の1以上が、災害に備えた緊急計画が不在なことが分かった。 自然災害をはじめとする災害はいつでも発生する可能性があるため、緊急治療や避難などの基本的な災害比ヒントを知っていることが重要である。

予期しない環境に直面させたり、災害が発生した場合、保護者が取ることができる7つのチェックリストを公開する。

1.安全な場所を確認する

人間のように犬も強風や暴風雨、洪水などの過酷な自然災害を恐れて恐れている。 さらに、自分が置かれた環境が安全ではない概念を理解していない。 これ潜在的な災害の警告や実際の脅威に備えて安全に滞在できる空間を設けておくことが重要である。 例えば、家の中の地下倉庫を安全空間に確保することで、しかし、これらのスペースがない場合は、1階の室内空間の中で、窓が破損する危険性が最大限少ない場所に指定するのが良い。

2.災害対応計画の練習する

家族全員と犬が一緒に災害対応計画を実践することが望ましい。 たとえば、自宅で最も安全な場所が1階のトイレであれば、子供と犬をはじめとするすべての家族のメンバーをその場所に連れて行って実戦練習をするものである。 ただしスペースがすべての人員を収容することができる程度であることを確認しなければならない。

これらの災害に比べ練習は、小さなスペースで即興的な業務を処理し、どのくらいの時間は何をするかを決定するのに大きな助けになる。 練習の訓練は一度だけでは満たすことができない。 できるだけ多くそして着実に練習をして、瞬時の状況ですべて自分で行動することができるように比させるのが良い。 そして安全で家族に確信を植え付けることができるように訓練をすることが望ましい。

また、緊急時に残してくれることができる煙探知器やその他の警報装置も作動するようにする。 しかし、もし警報音に犬がびっくりしたり、パニック状態になる場合には、ボリュームをより下げシミュレーションで犬に大きな無理がないように注意をするのが良い。 ある程度の騒音を介して犬が自ら緊張状態になって、あらかじめ指定された安全なスペースに移動できるようにするのが良い。 必要な場合には、首輪を固体固定し、好きなおやつを供給心を落ち着かせてくれるのもいい。 そして、このような訓練に慣れるとすれば、ゆっくりと警報アラーム音を上げるになる。 訓練の過程で絶えず子犬を賞賛し、報酬を与えることができなければならない。

▲犬に適切な緊急キットをご用意確保しておくことも重要である(出典= Utahoutside)

3.避難場所把握ドロップ

すべての動物シェルターは、すべての子犬ををすべて収容することができるわけではない。 これもしかしたら知らないことに備えることができる計画を立てる必要がありますが、自分が持っている犬の品種やその他の情報に合わせて対応することができる地域のホテルやその他の関連機関を調べてみるのも一つの方法である。 それとも親戚や知人、友人の家に避難させることができるかどうかを確認するのもいい。 ここで最も重要なのは距離で、犬が滞在するのに最適であっても、あまりにも距離が遠ければ移動ができないことがあります。 最も近い場所に犬を移動させることができる避難先最も理想的である。

4.不在時避難方法用意する

災害が発生したとき、もし保護者が家にいない場合、犬はさらに危険にさらさ可能性は高くなる。 これはいつでも自分の犬が家の中にいるということを知らせる標識や信号を近所の人に渡すことができなければならない。 例えば家の正門と裏門に関連スチゴを付けたり、あるいは事前に親しい隣人に頼んで助けを求めるものである。 これは、保護者不在時に発生することがある惨事を防ぐことができる。

5.動物に優しい緊急キットを作る

犬に適切な緊急キットをご用意確保しておくことも重要である。 大きな袋を設け、その中に必要な各種医薬品や缶詰飼料、水のボトル、健康記録紙、認識票は、予防接種証明書、お気に入りのおもちゃ、使っていた寝具や布などである。 興奮の心を静めるために役立つ、本当に補助器具も良い選択肢である。

6.犬容易に識別できるようにする

自分と犬が落ちる場合に備えて連絡先が書かれている首輪を用意したり、あるいはマイクロチップを移植しておくのがよい。 そして連絡先が最新の情報に更新されたことを確認し、最新の予防接種を受けたかも確認することができるようにする。

7.災害後の措置

災害が退いたのに、また、新規または似たような悪夢はいつでも再現することができる。 これ散歩をするときは、常に周囲の安全性丁寧調べることが重要である。 安全でないものが散らばっていアトウンジ、あるいは悪天候の兆しが見えないかなどを徹底的に管理し、また、予期しない出来事に流されないように気をつけた方が良い。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!