Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]冬犬の服の選択方法

/
/
/
▲出処=ウィキメディアコモンズ

寒い冬いくら厚い毛を持っている犬も人のように寒さを感じる。

冬にはいくらもが厚くても犬も人のように寒さを感じる。 寄稿はジェーンE.ブロディは、ニューヨーク・タイムズで「都市も田舎でも肌が乾燥して足分かれるなど、冬の間、犬が苦しむことができるリスクは様々である」と伝えた。

寒い冬犬の服の選択方法と越冬を紹介する。

子犬に適した食事

寒い冬でも散歩するのが好き犬はいつもよりカロリー消費を多くするため、エネルギーを補充して、体重を維持するには、食事の量を増やす必要がある。 冬でもまだ活動的な姿を見せる犬が、寒さのせいで、屋内での滞在犬もいる。 犬が突然体重が増加すれば、冬の野外活動が減ったことを考慮し、食事量を調節しなければならない。

犬と冬に散歩するときの目や氷を食べないように気を使わなければならない。 きれいでないうえに滑り止めのために塩化カルシウム、不凍液を分散させて、犬が食べることができるからである。

▲ソース=ピクサーベイ

冬犬の服で保温

犬の食べ物だけでなく、冬の犬の服を着せて保温も気を使わなければならない。 犬用の冬のコートを設けるのがよい。 獣医ナンシーケイは「犬の毛厚くなければ散歩前厚い服を着せなければならない」と述べた。 特に単苗または散歩の時間が長い場合は、なおさらそうだ。 ブロディは「サイズ比表面積の割合が高い子や小型犬、マルたり年齢が多くの犬、あるいは慢性疾患を患う犬があれば、体温維持が重要だ」と説明した。

冬犬の服を選ぶときは、首輪をしていないときも雪の中で容易に認識できるように、明るい色の服が良いです。 ブロディはコートのほか防水機能付きの服を推薦する。 犬が屋外で小便を見ても濡れない材料を選ぶようにしましょう。 また、犬用の耳栓を買うか、または人のアクリルニット素材の帽子上部をカット書か与えることができる。 足を暖かく保つために犬用の使い捨てブーツやマジックテープで固定することができるブーツを履かランナー。

▲ソース=ピクサーベイ

冬の犬の毛の管理

犬の毛は、それ自体で保温機能をする。 このため、冬季に毛管理をしたい場合は専門家と相談した後に行われるのが賢明である。 毛を短すぎる削ってしまうと保温機能を失うことになるので、天気が温まる春に管理を先送りことをお勧めする。

しかし、足の裏の毛は目や氷の道で滑らないようにカットなければならない。 また、像にかかることを防止するために、犬の服だけでなく、靴を履きのも一つの方法である。 犬と冬の外出後は必ず足の部分を確認し、傷がないことを確認しなければならない。

寒い冬の厚いコートと手袋までしていく人のように犬も体温を維持するためにギョウルオトが必要である。 この週末には、犬のための冬服の買い物をしてみるのはどうだろう。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!