Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]吠えない犬」バセンジー」の魅力探求

/
/
/
▲バセンジーは、小型ハウンドで、吠えではなく、ヨーデルのような音を出すのが特徴である(写真=ⓒウィキメディアコモンズ)

自宅で育てることができる犬の品種は非常に多様である。 多くの人が、自分が好む見た目と行動気質、サイズ、およびその他の重要な決定要因を考慮して、一生を共にする子犬を選択する。 その中でも昨今の小さな家でも育てるに適した品種がすぐバセンジーで、小型ハウンドのバセンジーは別名吠えない本でも有名である。

基本

バセンジーはハウンドらしく非常に敏感であり、敏感な嗅覚と視覚を持つのが特徴である。 体重はオスでは場合、約9.5〜11kg、メスは9.5〜10kgほどある。 身長もそれほど大きくない方に、一般的なオスの平均身長が43cm、メスは40cm程度にしかならない。 期待寿命は約12〜14年である。

物理的な条件の場合には、エネルギーレベルが非常に高い方に属する。 頻繁野外活動を通じて運動や物理的な訓練に参加するようにしてくれることをお勧めされるが、一日に少なくとも40分程度が適当である。 狩猟用に飼育された特性活発な運動量を誇る。 毛の色は黒と黄褐色、茶色、赤など様々であり、胸と尾先端と足は白である。 毛は短いが、テクスチャは非常に柔らかい方だ。

他にも上に真っ直ぐ伸びている耳、額に刻まれたしわ、そして長い脚としっかりと巻き込まれている尾、短いなどが身体的特徴に属する。 特に長い脚は敏捷性とスピードを高めるその役割を正確にする。

バセンジーの最大の特徴は、おそらく吠えないポイントでのこと。 しかし、最初から犯さないわけではない。 うなるか、他の音を出すこともある。

メンテナンス

バセンジーは特性上、ハウンドにソクハギンも、狩猟のためだけに品種として扱われない。 小さいサイズと敏捷性、そして闊達な性格で、家族と一緒に過ごすのにも非常に有用である。 また、活発で活力にあふれので、これらのエネルギーを存分に発散することができるように十分な屋外スペースが用意されている場合は、さらに育てる適切である。 ちなみに、雌の場合、年に一度発情期がくる約8〜11月に間柄だ。

性向は非常に保護的な方だ。 幼い子の時から社会化の過程に露出させて、多くの様々な人々とたむろ相互作用するようにすることが望ましい。 特に家に訪れる人々が、多くの場合であれば、簡単に興奮して驚かないように早くから人や他の動物に慣れるようにする必要があります。

毛の手入れの場合、長さが短く、メンテナンスが容易な方だ。 ただし手入れをするときは、清潔を維持するために週に二度とかしてくれればいい。 お風呂も自ら清潔を維持するため、多くの場合くれなくてもいい。 まるで猫のように、自分の毛をなめたグルーミングする習性を持っている。

▲古代エジプトの墓からバセンジーと同様の痕跡が発掘され、約5000年の歴史を持つと考えられて(写真=ⓒウィキメディアコモンズ)

気質と性格

バセンジーは家族と一緒に生きていくのは非常に愛情若く美しい品種である。 時には見知らぬ人々にも鈍い動きで見せ簡単境界ない。 初期には狩りを通じて育てたりしたが、早い年齢で社会化されると、他の犬とよく適応して相互に作用することができる。 もちろん、時には同じ紙でもしっかりと似合わないこともある。

知能も高い。 これトレーニングをするには、しっかりし、断固とし、一貫性のある姿勢を維持するのが良い。 決して退屈したり、退屈な作成しないことで、これに加えて、患者と創造性を発揮し、最良の結果を導出するようにしなければならない。 また、継続的に注視するべきなのに、監視が少しでも少なくなると、すぐに気づいて、他の家具を噛む食べたり、土地を売るなどの習性を引き出すことができるからである。 また、吠えないの評判を持っているが、先に説明したようヨーデルのような特有の音を立てて叫ぶことができる。 猫のように高いところにもよく上がるという事実も知っておこう。

起源

バセンジーは地球上で最も古い品種の一つ知られている。 古代エジプトの城壁と墓からバセンジーと同じような形態の作品が発見されたものとみなして、なんと5000年前から存在していたと考えられる。 また、過去の1937年に英国で初めて導入される時には、コンゴという名前で呼ばれる祈りましたが、20世紀頃のイギリスのブリーダーが改良して、世界各地に輸出し拡散させた。 1941年には、米国で最初のバセンジーの子が誕生し、2年後に、米国全域にバセンジークラブが結成され、人気を集めた。 そして1年後の1944年、米国ケンネルクラブ(AKC)によって公式に認められた。

英国の探検隊によって発見される前に中央アフリカで初めて発見された。 その際地元の人々と一緒に森を歩きながらガイドする役割をした。 森を通り過ぎて、危険な動物が近くにある場合はすぐに保護者に知らせることで、非常に優れた森林ガイド犬としての名声を轟かせた。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!