Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]悲しい闘犬で誇り高いボディガードがされた犬の「ピットブル」

/
/
/

ブルは、元の英国で闘犬として飼っていた本で、血なまぐさいし、深刻な怪我や死まで、これをすることができますツギョンジャンに投げジゴンた。 しかし、移民たちと一緒に米国に渡ってきてピットブルの運命は少し変わった。 不毛な野生の中に投げられた初期の移民たちは、敵対的環境から家族を守る心強い個必要だった。 移民は健康なピットブル数種を新大陸に連れや犬に交配させて、飼い始めた。

様々なピットブル犬種に

1.アメリカンピットブルテリア

強い力と運動能力、そして勇敢な性格を持ったのを望んでいたブリーダーはオールドイングリッシュブルドッグとオールドイングリッシュ・テリアを交配させてピットブルを誕生させた。 これらの移民に沿ってアメリカに渡ってきたピットブルを指しアメリカンピットブルテリアという。

今日アメリカンピットブルテリアは、セラピー犬に、犬の家や警察犬に人間と一緒に付いて暮らしている。 もちろん、まだピットブルを虐待し、違法なツギョンジャンを運営するところがありますが、人間の友人であり、犬として、多くの愛を受けている。

アメリカンピットブルテリアは短い毛とよく発達した筋肉が特徴である中型犬種である。 コートはスポーティド(Spotted)、ソリッド(Solid)、テビ(Tabby)などがある。 たまに遠い(Merle)というパターンのピット・ブルが生まれるならない。 しかし、ユナイテッドカーネルクラブとアメリカンカーネルクラブでは、アメリカンピットブルテリアを正式犬種として認めませんている。 アメリカンピットブルテリアの平均体重は13〜25kg程度だ。 生まれ的に攻撃性を持って生まれるので、子供の頃から、他の犬や動物、人とよく接するようにして社会化をよくさせてくれることが重要である。

2.アメリカンスタッフォードシャーテリア

アメリカン不利デイリーによると、アメリカのスタッフォードシャーテリアは、米国ウェストミッドランドのバーミンガムで初めて交配に成功し以来、英国スタッフォードシャーで成長した。

体重は平均60〜90ポンド(約27〜40kg)と身長は43〜48cm程度である。 ブル犬種の中では最も背が高い。 生まれ的に非常にこだわりが強いが、しっかりとした態度でルールを定め確実な報酬と罰としてしつけする場合主人の命令によく従う。

3.スタッフォードシャーブルテリア

スタッフォードシャーブルテリアの名前は、英国の地名から取ってきたものである。 高速軽量ながら忠実な犬の必要だった英国のどの鉱夫が作成された種である。 炭鉱では大きく、毛足の長い犬は適していない。 スタッフォードシャーブルテリアは、10〜17kg程度の重量で軽い方でキーは、35〜40cmほどである。 元鉱山での仕事を助けた犬種と活動量が多く、体力がいいので野外活動を楽しむ家庭の犬に適している。 性格はとてもおとなしく、忠誠心が強く、筋肉がよく発達しながらも機敏である。 ブル犬種は、通常領域への執着が強い方なのに比べスタッフォードシャーブルテリアは、従順な性格を持ったし子供たちともよくやっていく。 子供の遊び仲間でも適している。 主人とも非常に親密な関係を結ぶために、家族の犬に遜色がない。

4.ブルテリア

ブルテリアは、被弾く血闘を余裕がある闘犬を目指し交配させた結果である。 オールドイングリッシュテリアとオールドイングリッシュブルドッグ、マンチェスターテリアなどが交配してブルテリアが誕生した。 しかし、ブルドッグとテリアの特性が合わさったブルテリアはいざ戦いにゼロ素質がない。 代わりに、番犬や番犬として最適な方だ。

ワイドオープンペットによると、ブル・テリアの最も特徴的な身体特徴の一つは、目が三角形ということだ。 ブルテリアは頑固数え万おとなしい犬種で、家族の愛と関心を非常に必要とする。 ブルテリアは勇敢な、陽気で、体重は最大35kgまでいく。 ブルテリアの大きさは、二つがありますが、ミニチュアサイズとスタンダードサイズがある。 スタンダードブルテリアの体長は約50〜60cmであり、ミニチュアブルテリアは、25〜35cmほどである。 ブルテリアは、多くの訓練とケアが必要な犬種であり、活動的なライフスタイルを持つ家族に最適です。 一日8時間以上ブルテリアを一人で置くことはお勧めしない。 身体的、精神的に様々な活動をすることができる環境が適している。

5.アメリカンブルドッグ

アメリカンブルドッグの祖先は、英国から来た。 アメリカンブルドッグは、過去ツギョンジャンから餌として多く使われたりした。 米国に渡ってきた移民の大半は農民だったので、闘犬より家畜とそれらを保つ番犬、牧畜犬がもっと必要だった。 アメリカンブルドッグの祖先は、このような農場の必要性によく適合する特性を持った本だった。

農場犬とも呼ばれるアメリカのブルドッグはピットブル犬種の中でも最も人気が高い。 特に体格がいくつかのミッションに適している。 アメリカンブルドッグは速く、筋肉がよく発達しており、力も強い。 性格も業務補助犬に適当である。 忠節で愛があふれながらも、同時に自己主張が強い方だ。 今日アメリカンブルドッグは追跡犬、番犬などで訓練を受ける。

ブルは、勇猛と主人に対する愛情、忠誠心、実用性、そして義理まですべて備えた真の友人だ。 さらに、あちこち手がかかる他の犬種とは異なり、ブルは少し強く大きくしてもされている種である。 ブルは、自らだけでなく、愛する主人を守ることができるほど強いのだからだ。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!