Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]水の上のホタル、「グローフィッシュ(GloFish)」

/
/
/
▲ソース= Flickrの

小さなホタルが放出する光は、神秘的な美しい。 特に真っ暗な夜を彩るホタルの光は、まるで誰かの魔法をふるったように見える。 しかし、昆虫が夜や暗い空間で光を放つ唯一の生物ではない。 いくつかの魚も体から光を放出することが知られている。 代表的な光を放つ魚グローフィッシュを紹介する。

キャロル・マッカーシーは、ペットエムディ(PetMD)に掲載された記事で生物発光を研究する科学者たちは、他のアプリケーションに生体マーカーとして活用するために、光を放出する動物の遺伝子を利用してきたと述べた。 マッカーシーは「おかげで、すべての家庭でグローフィッシュ(GloFish)を育てるされたもの」と説明した。 シンガポールの科学者たちは、最初の魚の遺伝子を変形することに成功しており、実験の目的は、汚染された水から毒素を検出するものである。 毒素が確認されると、これを削除して、魚を保護する方法を見つけることができる。

マッカーシーは「ナショナルジオグラフィックは「生物発光(bioluminescence)」を生体内で2化学物質の反応で生じる光と定義する」と書いた。 この化学物質は、ルシフェリン(luciferin)とルシファーラーゼ(luciferase)または発光タンパク質(photoprotein)で構成されている。 「生物発光」の機能を持つ動物は、より美しい外観を持ち、これは利点として活用されることができる。

マッカーシーは深海吸血イカ(deep-sea vampire squid)が捕食者を驚かせる輝く粘液物質を放出すると言及した。 斧肉(hatchet fish)は、光を生成する臓器を持っており、天敵から身を隠すために、反射度を調節することが分かった。 マッカーシーはプランクトンとサンゴまたボディからの光を出す能力があると付け加えた。

2003年には、家庭に供給された小型水槽にグローフィッシュを導入したヨークタウンテクノロジー(Yorktown Technologies)の共同創業者兼CEOのアラン・クレイクによると、「常に輝く魚」が必要だった。 彼は「最終的な目標は、毒素がある環境でも必要に応じて蛍光を発するものであった」と付け加えた。

アクアライフセントラル(Aqua-Life Central)のオーナーであるジョージカキラットは、グローフィッシュが明るい色のために人気があると述べた。 魚が一般白色光の下であれば、明るい光を帯び、明るい光の下では、より一層華やかに輝く。 紫外線を当てると、魚は非常に強烈な色を示す。 グローフィッシュはエレクトリックグリーン、コズミックブルーと月の出のピンクの色を帯びテトラ(tetra)、ゼブラフィッシュ(zebrafish)とボブ(barb)種がある。 カキラットは、人々が見えるので、ペットの魚を購入すると述べた。 彼は顧客にグローフィッシュの情報と世話をする方法を発表している。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!