Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]犬が遊ぶ方法、転がりジャンプする節する…

/
/
/

子犬は種によって遊ぶ姿がかなり違う。 犬が好んでいるゲームの種類も、年齢や社会化の程度によって異なる。 テリアは持って追いかけ振るゲームが好きで、視覚ハウンドは動くおもちゃを好む。 綱引きのようなゲームが好きな犬です。

犬がゲームの世界では、豊富な語彙力が必要であり、社会化の過程は、豊富な語彙をもとにしたコミュニケーションの結果である。 したがって犬の状況に応じて、自分が本当に戦うか遊ぶかを知ることができる。

犬が遊ぶ方法

3週間ほど育った子犬は歩くことを学んだ後、自分だけの遊ぶ方法を開発する。 4週間と、女性と男性の両方の足を広げて乗り上げ性の行動の信号を示す可能性があることが観察された。

ペットフードメーカーヒルスペックは「一度犬が動くことができれば周りを歩き回って、兄弟姉妹と遊ぶ始める。 3週間ほど育った子犬にこれ重要な社会化の過程であり、親や兄弟姉妹に、真の犬になる方法を学ぶ」と伝えた。

服従と優位性を理解することを学ぶこともある。 誰の言葉を従うかどうかを学び、他の犬をどのように相手するか知ることになる。 たとえ若い年齢で表示される性格は成犬とは異なる場合がありますが、ほとんどの犬から表示される傾向は、犬の頃に完成される。 特に、いきなり飛び込んだり物を転がす行動は子供の頃の餌をとる行動から学んだものである。

社会的遊び(Socio Play)

犬が相互作用が必要な社会的遊びをするには、他の子供たちが必要となる。 米国のオンライン辞書サイトディクショナリはプレフィックス「socio」の起源を友人や同僚に定義するが、これは他の犬を意味する。 犬が止まるか、またはレスリングをして、お互いに追いかけて戦うことがすべての社会的遊びに該当する。

3週間ほど育った子犬は吠える開始しいたずらで止まるか、または蹴ることもある。 ただし成犬になった時に、この社会的遊びの方法は、より強くなって複雑になる。

子犬が一緒に遊ぼうという意味で送る信号は最初に、足​​を持ち上げるものである。 吠える、なめる、鼻刺す、足、顔負傷、胸を下げお尻を持ち上げる行動も一緒に遊ぼう信号である。

一人で遊ぶこと

ドィコンムニに沿って通ったり、空中に蹴りをすることは一緒に遊んで与える相手がいないときの犬がする行動である。 いたずら好きの犬の天性のため表示され、赤ちゃんのような優れた想像力を持っているからである。 犬のこのような行動が深刻な習慣になったようである、所有者は、犬を検診すべきです。 過度の想像力は、発作を起こしたり、強迫観念を見せることもある。

移動遊び

動いて走る移動演劇は一人でもこの遊びをすることができる。 成犬に移動遊びをする理由は、ペアや一緒に遊ぶ相手を探しものであり、幼犬には遊びは「幽霊追わ」だ。 幼犬が一人で走って、転がり、ジャンプする理由は、この遊びからである。

モノ持って遊ぶこと

流れる水で遊ぶの好きな犬もいて、スプリンクラーや水ホースを持って遊ぶことが好きな犬もいる。 ほとんどの犬はボールや棒のような物体を追いかけたり、足で転がしながらとる行動を見せる。

仮想遊び

大半の犬はお互いに体当たりをしたいとき攻撃を消す。 逆に精一杯誇張された動きを見せ沿っ通っ走り回る行動は犬の間で遊びという意味である。 ペット媒体ズ環境に優しいスペックはこれメタシグナルと呼ぶ。

お尻を上げて胸を下げる別名節する演劇は、体の前面を低く作って足を前後に動かす行動にゲームを一緒にしようと話をするメタシグナルである。 もし犬がお辞儀行動を見せるなら、楽しく面白く遊んでたいという意味だ。

時折成犬は子子犬がリーダーであるふりをして後ろに転んだり節する遊びをし、子が先に遊び​​に誘っ勧誘もされるという自信を持つようにする。

遊びを装った教育は、最も低い序列の子が成犬よりも優位にあるかのように行動して子犬が止まるか、または体当たりをしても抵抗しない。 たとえゲームの後成犬は、再び自分の役割をするために所定の位置を訪ねこどもたちに、自分は尊重しなければなら存在として認識するように教育する。

製紙なければならない遊び

もし子犬が遊んでいる間苦しめられたり、多く怪我したら、これは良くない遊び方法である。 通常犬はよういたずらを打つ。 順番に誰追うか追わか指定するのに、通常苦しめるのは体当たりで位を占めたり、足の代わりに首や頭をかむ。 うなり声を出すのは、犬同士のいたずらを打つとき自然なことであるが、低い音でうなるか、イップがいつもよりよく聞こえるなら、演劇を直ちに中断しなければならない。

ふざけ遊ぶことは犬に楽しい時間だけでなく、本生活の中で理解するさまざまな行動を身につける時間でもある。 悪戯をしてどのような行動が適切であるか、どのような行動が臆病か学び、体の機能を体得して、他の動物と一致する方法を学ぶ。 しかし、赤ちゃんがいたずら打つとき怪我か見守らなければならするように犬も遊びするとき危険のないことは常に注視しなければならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!