Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]犬に脆弱な病気5つ

/
/
/

犬は活気があふれ休む暇もなく走り回る。 しかし、犬は生命に脅威を与える病気や疾患にかかる確率が高い。 ドッグマスター(Dogster)によると、まだ完全に発達していない免疫システムとの生活の経験や判断の欠如、そして良くない遺伝子が犬に問題を起こしているとする。 いくつかの疾患はすぐに治療しなければならなので注意して見てみましょう。

パルボウイルス(Parvovirus)

犬の健康を脅かす病気の一つは、まさにパルボウイルスである。 パルボは下痢や嘔吐を起こし犬が死ぬこともある。 ほとんど年齢が幼いときかかり、予防接種をしていなかっそのリスクはより大きくなる。 予防接種には、ウイルスを防ぐことができますので、ぜひ合わせてするようにしましょう。 よりスプルースペットによると、この病気の症状は、△下痢△嘔吐△無気力△食欲減退があるという。 これは、ウイルスによって生じる疾患であり、子犬からこの疾患が疑われる場合すぐに病院に連れて行かなければならない。 すべての紙が病気に脆弱だが、△ロットワイラー△ドーベルマン△アメリカンピットブルテリアを含めていくつかの種は、特に脆弱である。

伝染性が非常に強いこの病気は、生後12週で3年になった犬によくかかり、パルボウイルスは、分泌物や予防接種をしていないのを介して送信されることができる。 しかし、ほとんどの犬は、6〜8週間程度で、4ヶ月になると、予防接種をする。

もしこの病気の症状が見られる場合は、二次感染を防ぐために抗生物質を投与するのが良い。 しかし、先に述べたよう予防接種が答えだ。 もし母犬が予防接種をした場合、母乳を介して子にも予防成分が伝達され、パルボウイルスを防ぐことができようになる。

本麻疹ウイルス(Canine Distemper)

はしかウイルスも犬に危険な伝染病である。 幼犬に影響を及ぼし、この病気から回復したとしても、一生気が破損する危険性がある。 ほとんどの犬がこの病気にさらされているので、やはり予防接種が重要である。

この病気の症状は、△黄色の下痢△呼吸が合羽ジム△食欲不振がある。 また、突然の発作を起こすこともできうまく動かないことがあります。 この病気は致命的である。 しかし、所有者はすぐに治療をすれば回復することができる。

ペットMDによると、このウイルスに対するワクチンは、かなり効果的だという。 最初のワクチンは、6〜8週間に合わせてする必要があり、9週間後にもう一度合わなければならない。 米北部州シャーローレットのサウスポイントの動物病院の獣医師であり、北カロライナ州獣医連合のメンバーであるジム・ドビース(Jim Dobies)博士は、「もし、1〜2回のワクチンを迎えたならば、免疫力が生じることになる」と言う。

米獣医協会によると、犬はしかウイルスの治療法は、現在存在しない。 したがって、これを防止し、安定した環境を作ってくれるのが最善の選択である。 水を十分に飲むようにして、健康を維持するようにした者。

気管支炎(Kennel Cough)

本気管支炎はひどく割れの声、持続的で乾いた咳が伴われる。 これはかなり感染が強くつの家、犬大会、ペットホテルなどの複雑な環境の中でかかりやすい。 もし気管支炎治療されない場合、これ肺炎に発展する可能性が高い。

予防接種が気管支炎を完全に予防できなかっので、犬は6〜8週間されたとき気管支炎の予防接種をしなければならず、その後の6ヶ月ごとに再迎えている。 予防接種をしたときに、軽い症状が現れることもある。 この病気はどのような犬だ取ることができますが、特に子犬のときに、より脆弱である。 病院に行って抗生物質のオフ、または継続的に治療を受けることにヘジュオヤし、病気の犬が治るまで、他の犬を隔離しなければならない。

レプトスピラ病(Leptospirosis)

細菌性疾患であるレプトスピラ病は、腎臓との間に影響を及ぼし、汚染された水や尿から伝染される。 10〜12週に予防接種をする必要があり、13〜15週過ぎもう一度接種しなければならない。 すべての病院がレプトスピラ病ワクチンを持っていないから調査が必要である。 病院に電話して、予防接種が可能かどうか聞いてみるのがよい。 症状は風邪と似ている。 △嘔吐△熱△無気力を見ることができる。 感染の程度に応じて回復時間は異なりジニー、症状が現れた場合、すぐに病院に連れて行くようにしよう。

アデノウイルス(Adenovirus)

アデノウイルスは、感染感染を起こす。 多くの場合、このワクチンは、麻疹ワクチンと一緒に接種がされるが、タイプ1、タイプ2がありますので、医師と相談して決定するようにしましょう。

子犬がアデノウイルスにかかったか気付くことは非常に難しいですが、座ってたり、下痢のような胃腸の問題の症状で始めると知っておこう。 また、黄疸につながる可能性があります。 病院に入院して樹液を迎え、必要な栄養素を提供するのが良い。 医師が抗生物質や液状の薬を処方してくれることもある。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!