Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]犬のための涼しい夏ナギクルチプ

/
/
/

夏が近づき、一日がますます日が暑くなっている。 この時期は、ビーチや渓谷での野外活動をするのに非常に良い時期だ。 しかし、天候に関係なく、野外活動が好きな犬は少し難しい季節でもある。 暑すぎて昼間は外に出ることができないからである。

獣医専門医は体温が摂氏40度に近く上がった日が続けば、ペットに神経の変化が現れると述べた。 動物が熱に非常に敏感であるからである。

犬たちの通常の体温は38.5〜39.5度程度である。 人より少し高いレベルだ。 ところが、犬過度の熱にさらされると、体温が40度以上上がることができる。 そして、それが長く続けば、発作、過度の震えなどの神経学的変化が発生する。

だから過度暑い日には、犬が熱中症や脱水症状を経験することができますので、注意しなければならない。 両方の症状はすべて即時アクションが必要である。

熱中症の兆候は上昇した体温、死戦期呼吸、過度の唾液落とし、疲労、うつ病、筋痙攣、麻痺、よろめきなどである。

犬が熱中症にかかったようだと冷たいタオルを腹部に向かって犬を倒し休むようにした後、獣医に連絡しなければならない。

脱水症状は、検出するのがより困難である。 目の周りがくぼんたり、乾燥した口、うつ病、昏睡状態が表示される場合脱水を疑わなければならない。 また、犬の首の部分の皮膚を軽くたたんだが、その皮膚がどのくらいの速再び伸ばすか観察すると、犬が脱水症状を見せるのか知ることができる。 犬が脱水を経験している疑いがあれば、すぐに動物病院を探すようにしましょう。

夏の暑さから犬を保護する方法

暑い夏でも犬を安全涼しく保護することができる方法がある。

まず犬が涼しく、きれいな水をいつでも飲めるようにしなければならない。 犬の水のボウルに氷をツイウォドよい。

そして糸外見であっても、暑い夏には犬が家の中に入ってようにしよう。 犬小屋の中は私たちが考えているよりも暑くことができる。

真昼に散歩を避ける。 代わりに庭や草原、犬プールなどで活動したほうがよい。

散歩は日が暮れた後、アスファルトがある程度冷却した後にしよう。

▲アイスクリームを舐めているの(出所= Flickrの)

犬と散歩を出る前に手の甲を床に当ててアスファルトの温度がどの程度なのか調べてみよう。 底が異常に高くなる犬が足にやけどをする恐れがある。 また、ちょっとマンジョトダガ外しは、温度を正確に知ることができないので、あなたの手の甲をアスファルトに約30秒ほど当てていてみよう。 本足の裏は非常に敏感なので、画像に弱い。

犬が動こうとしないときに首輪を引っ張って犬を引きずる行動だけで犬が足裏に傷を着ることができる。

犬が歩くたくない、または、過度に足を舐めるなら足の裏に画像を被ったかも知れないからよく見ている。 水疱が生じたり、足の裏がひどく赤くなっている場合は、感染を避ける必要がありますので、動物病院で必要な措置を受ける。

犬の足の裏をより徹底的に保護したい場合は、犬に靴を履きは練習をする。 しかし、犬の靴不思議を拒否する可能性が高い。 だから犬に靴を履きに忍耐を持って、長い時間の間に訓練を続けなければならない。

ただしヅジョン犬は特に注意しましょう

ただしヅジョン個入りとマズルの短い犬をいう。 この犬はマズルの長い犬に比べて熱を乗り越え機より難しい。

何故なら、注ぎ口が短いほど、呼吸器官も短いからである。 専門家によると、単ヅジョンのは、他の犬に比べて一度息をはるかに少ない量の空気を吸入する。

顔の骨のための祈りと研究つ狭く単ヅジョン犬十分な量の酸素を得るのが難しい。

有名な単ヅジョン本はフレンチブルドッグ、イングリッシュブルドッグ、ボストンテリア、パグ、食料バーリー語キングチャールズスパニエル、シーズーなどがある。

あなたが育てる子犬がダンヅ紙であれば、夏に特別の注意を払う必要がある。 犬がいつでも水に簡単にアクセスできるようにして、涼しいマットや大理石を用意犬が上がって休むことができるようにする。 しか出て犬が息を切らし休んだり暑くする気配が見えたら陰に身を避け、すぐに家に帰ってくるほうがいい。

家の中でも犬が暑く気配を見せると、エアコンや扇風機を活用しよう。 ただし、ファンやエアコンが入っている状態で犬を一人で置いてはならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!