Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]犬のストレスを受けると症状

/
/
/

ストレスは、一般的に疲労と圧迫感と関連がある。 人だけでなく、犬のストレスを受けることができ、健康に悪影響を与えることもできる。 しかし、犬は自分が感じることを言葉で表現していないストレスを受けたときの行動が一般的な行動のようにも見えるので、人が本ストレスと不安の兆候をよく気付かない場合も多い。 本ストレスの兆候は以下の通りである。

▲犬のストレスを受ける(出典=ピクサーベイ)

1.あくびをする

犬は疲れたりうんざりするときだけでなく、ストレスを受けたときもあくびをする。 あくびを繰り返した場合の犬のストレスを受けているという兆候であることもできる。

犬はストレスを受ける状況で疲労するよりも心配になるので、あくびをする傾向がある。

リンブーズするアップデート獣医は「ストレスによるあくびは眠いときするあくびよりも長く持続して強度も強い」と説明した。

2.一人でありたいする

犬はストレスを受けると、他の動物や人を離れ、静かな空間に一人で座っているがる。 もしこのような行動が繰り返されれば、根本的な原因を特定するために獣医にアドバイスを求めるのが良い。

3.回避する

回避は単独でいたいし、自分自身を孤立させることなく、弱い症状や、犬の不快感を感じたとき表示される。 犬はストレスの多い状況を避けるために床に臭いを嗅いだり生殖器を舐め、首を回すなど何かに集中する姿を見せたりする。 自分が望んでいないことをしないように苦労したり横になってしまうこともある。 一見見た時は大きな問題ではないように見えても、実際に犬の不快感を感じている証拠だ。

4.逃げたりペーシングをたてる

犬は動物病院のアームチェアの上に上がれば逃げよう必死に書く。 また、見知らぬ人が自分を触ったり、過度に激しいプレイをした後は、ストレスを軽減するために、体を上昇させる場合もある。 人のように不安を感じたら周りを繰り返しペーシング距離行動を見せることもある。

▲浮かぬ表情の犬(出典=ピクサーベイ)

5.唾を流したり舐める

犬は焦りや不安を感じたときに唾をひどく流したり舐める行動を見ることができる。 犬が感情を身に伝達するため、犬の行動やボディランゲージをよく観察しなければならない。

6.毛がたくさん抜ける

犬の毛が抜けるのは珍しいことや程度がひどい場合は、犬のストレスを受けることはないことを確認しなければならない。 毛ひどく多く落ちたら犬の周囲の環境に不安を感じた可能性があります。 引越しを行ったり、新しいペットと一緒に過ごすか、家族の一人が引っ越しを可能など、大きな変化を経毛ひどく落ちることができる。

7.攻撃を見せる

犬はストレスを受けたり、病気の場合、人に攻撃を見ることができる。 恐れる姿勢と表情を取り、積極的な行動を示すこともできる。 この場合、行動管理手法を使用して犬の恐怖と怒りを克服することができるよう支援することができる。 問題が深刻な場合、獣医師と相談してください。

ストレスを受けたのを助ける方法

犬のストレスの兆候を見せると、原因を把握することが優先だ。 原因を特定し、ストレス状況の再発を予防しつストレスや不安に対処できるように助けるべきである。 特定の病気が犬の行動に影響を与える可能性があるので、動物病院に連れて行ってみるのもいい。 本ストレスを軽減与えるためには、定期的に犬遊んでくれて一緒に運動しなければならない。 また、犬のストレスの多い状況を避けることができるよう、自宅で犬のとどまることができる安全な空間を用意してくれるとする。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!