Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]犬の発作、原因と症状は?

/
/
/

犬も発作をする。 そして、一日のうちいつでも起こることができる。 ただし、脳の活動が変化したとき、はるかに通常表示され、例えば犬眠ってか、または壊すとき、あるいは怒りを表示するときなどである。

本発作は痙攣(convul​​sion)あるいはフィート(fit)とも呼ばれ呼ばれ、突然のながら異常な神経活動によって誘発される現象で見ることができる。 人間と犬の両方の意識の変化や喪失など様々な原因で発作が発生することがあります。 発作は通常、数秒から数分程度持続しますが、最悪の場合、数時間も続くことができる。 治療は、薬を服用で行われるが、脳疾患による発作の場合、脳損傷、あるいは死にもつながる可能性があり、非常に深刻である。

犬の発作の原因

先に説明したようつの発作は、複数の理由から来ていることができる。 例えば、毒素や環境アレルギー誘発抗原に対する反応を持っていることもあり、細菌やウイルスの感染が原因で誘発されることもある。 あるいは悪性と良性腫瘍や構造障害発作を起こすことができる。

特に特発性発作は、犬に表示される最も一般的な原因で、現在までに、正確な原因が究明されていない遺伝病である。 他にも肝疾患と腎不全、脳腫瘍、脳損傷、あるいは毒素などが各種誘発原因で位置する。

発作の3段階

発作は、次のような3つのステップに進む。

1.発作前段階:この段階では、犬が隠れたり緊張したり、あるいは所有者を急いで探し行動の変化が表示され、仮に不安たり緊張したり、うめき声​​たり震え熱狂などの姿を見ることができる。 これは、数秒から数時間まで続くことができ、発作が進行される直前の過程で現れる。 まるで犬がすぐにでも何が起こるかのように行動しながら見える姿だ。

2.発作のステップ:発作前段階の後の本格的な発作が現れるプロセスである。 数秒から5分程度持続するのが普通で、この時はつの精神意識に変化が現れる。 これすべての筋肉が急激かつ予測不可能な動きながら発作を経験することになるだろう。

通常は、わき腹に向かって床に落ちて足は、まるで漕ぎような動きに見えるが、この場合ではない場合麻痺状態に至ることもある。 そして頭は後ろに折れるながら意識を失ったように見える。 また、本に基づいて排尿や排便、唾液を流すこともある。 もし5分経っても発作が止まらず続けば、瞬時緊急処理が必要な医学的状態であると考えなければならない。

発作の非常に深刻な状態であると考えている取組みの間発作を経験しているならば、意識を失って体と足を不規則に動くなど、激しい痙攣を伴うことができる。 排尿をしたり、体が赤くなったり、あるいは死亡に至ることもできていて、非常に危険である。 そして5分経ってもこの状態が止まらない場合、これ長期間発作に達したことで、すぐに医師に連れて行かなければなら緊急事態に見なければならない。

3.発作後の手順:この時は錯乱や方向感覚の喪失、唾落とし、心配および一時失明など様々な発作後の段階の症状を示す。 症状は、発作の重症度と発作直後の期間などに関係なく、混乱して落ち着いていない姿を見せるのが一般的である。

このように発作は突然発生するので、すぐに事前に手を使うことができない。 発作自体はトラウマになることがありますが、幸いなことに犬に苦痛を抱かれるない。 最大のリスクであれば、発作の間に周辺の他の物体を打っビート怪我をすることができるという点である。

発作の症状

全体的に犬の発作の症状は、筋肉のけいれんとジョキンと、意識の喪失と唾液を流す、ヒョルル噛んだり口に泡をかむなどの形で表示されることができる。 横に倒れ足をひどく足チャドゥトイ動きもあり、時には排尿と排便を見ることもある。

一部の犬は、大変雑然と見えたり混乱にも見えるが、後には、一時的に失明を経験することもできる。 それとも丸く円形を描きながら繰り返し歩いて移動することができ、唾を過度に流したり、自分の口を聞いて血を流すこともできる。

治療方法

もし自分の犬が突然、これらすべての症状を見せ発作を起こした場合、すぐに獣医に連絡をとることが最も良い。 そして、血液検査と身体検査を介して原因かどうかを調べ、診断を受けなければならない。 血液と身体検査の結果としても診断があいまいな場合には、別途CTスキャンやMRI、あるいは脳脊髄液検査を受けることもできる。

幸いなことに、ほとんどの犬発作は薬物と食事療法で調節が可能である。 しかし、原因にダラアレルゲンや有害物質を避け、脳との間を強化させ、針のような代替療法を使用することもできる。 時には腫瘍のような手術が必要になることもある。 最も重要なことは、獣医師の勧告に従っこれ適切な治療法を適用するものである。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!