Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]犬の運動…品種、年齢などを考慮「必須」

/
/
/
▲犬の運動は非常に重要な日常要素だ(写真=ⓒビクトリアペレ非アーツカー)

すべての犬は、人間と同じように、毎日の適度な運動量が推奨される。

軽くは散歩から始めて、保護者と一緒にプレーして走りながら遊んだり、ボールを拾ってくるなどの様々な身体活動がすべての動きに対応することができる。 しかし、犬の品種や年齢など、さまざまな要因に基づいて、必要な運動量もそれぞれ異なっている。

年齢は最も重要な要素

犬の年齢と品種はいずれも重要な要因である。 特に年齢は子の時から成犬は、老齢犬に至るまで、その範囲が広い。 保護者は、自分の犬の年齢に最適な活動を奨励することが望ましい。

子供の頃は家の中で少ない時間遊びを楽しんが徐々に成長し、屋外に出て積極的に遊べるように段階に応じたルールを遵守するものである。

専門媒体によれば、犬の運動基準基準は、5分間の運動割合で月数に適用するものである。 例えば今3ヶ月の子犬のであれば、15分、最も適している。 一日に15分ずつ2回ほど行うことができれば理想的である。

そして、犬がより育ったならば、その月数に応じて再計算された割合で運動量を増やしていくことができる。

運動とすることができる活動には、小さなボールを使って投げインポートや、あるいは一緒に静かに歩く散歩などがほとんどですが、夏であれば、水に入って一緒に泳ぐのもいい。 しかし、積極的にエネルギーを噴出あるややもするとけがをすることもでき、保護者は、常に横で注視することができなければならない。

成犬になると、保護者が常にそばで厳密に監督をする必要はない。 ちょうど毎日30分で2時間程度まで運動することができる時間を与えることが重要である。

ハイキングしたり、近所の犬と一緒にトィノルようにすれば有用である。 犬がこのように定期的に適量の身体活動を維持すれば、睡眠パターンと質も向上する。

しかし、自分の犬がすでに成犬時期を過ぎ老齢に進入した場合、以前ほど速く機敏に動くことができないという事実を認知しなければならない。 この時一緒に家の周りをゆっくりと余裕を持って歩いて散策するのが良い。 それでも推奨される毎日の運動量は存在する。

最もよいのは水泳だ。 水の中で泳ぐと、関節の無理を解くことができ、有用である。 犬の水泳をよくない場合には、水に浮かんで役立つ機器を購入し使用するのが良い。

▲犬に適正な運動時間と量は品種や年齢、健康状態など、さまざまな要因に基づいてそれぞれ異なる(写真=ⓒだメディ小)

品種による運動かどうか

カンザス州立大学の獣医であり、臨床科学助教授のスーザンネルソン博士は「犬の品種と年齢、全体的な健康状態、現在の居住条件および他の可能な影響因子に基づいて、推奨される運動量や時間が違う」と説明した。

事実犬の品種に応じた行動と健康状態との関連のいくつかのガイドラインが存在する。 たとえばプードルのようにサイズが小さい小型犬はあまり活発であるので、激しい運動は多くの好きではないことができる。

一方、大型犬でもグレートデーンの場合と同様に、あまり活発ではない特徴がある。 これ保護者は、それぞれの品種が毎日実行することができる最高の運動を見つけることが重要である。

ブルドッグのように鼻が平らに呼吸が敏感な品種も相対的に遅い。 これらは他の活発な品種のように積極的なライフスタイルに沿って行くには、多少無理だ。 ただ休んでリラックスするようにすることがよい。

しかし、ラブラドル・レトリーバー犬やジャーマン・シェパードのように非常に活発で力強い品種は、通常1時間から90分程度の運動を毎日行うことが望ましい。

忙しい保護者のための犬の運動

忙しい現代人の場合、毎日のように犬と一緒に運動を着実に継続することができる時間的余裕がない。 この時、適切なドッグウォーカーを雇い、自分が家にいないときにも犬の十分な身体活動で健康を維持できるようにしている。

しかし、年齢と品種に応じた適切な運動量と時間を計画し、可能な限り多くの時間を犬と一緒に過ごすのが一番いい。

それとも犬専用のおもちゃを購入し、忙しい保護者の役割を代わりにすることも有効である。 おもちゃは本感情的な刺激と身体活動にかなり有益なツールである。 各種臭い音がおもちゃであれば、本開発にも肯定的な影響を与えることができる。

しかし、毎日のスケジュールが消化することができないほど忙しいなら、犬を専門的に世話サービスする企業に任せるのも一つの方法になる。 他の犬と一緒に楽しく過ごして適時提供される飼料も食べ健康的な生活をすることができる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!