Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]犬中性化手術、必ずしなければだろうか?

/
/
/

動物愛好家が大好きなグレートデーン(Great Dane)一匹を採用して家に連れて来た。 新しく来た子犬に健康上の問題はないことを確認するために、動物病院に検査予約まで終えた状態だ。 しかし、周辺の犬好きの仲間たちがしきりに「中性化手術をする計画であることを「尋ねたりして悩みに陥った。 「中性化手術」、してもいいのだろうか?

ドッグタイム(DogTime)は記事を通じて「中性化手術は、一種の不妊手術でオスの繁殖能力を制御するものである」と説明した。 このプロセスは、犬だけでなく、所有者にも役立つことができる。

中性化手術を受けたのは、精巣癌や前立腺疾患などの健康上の問題を経験する可能性が少なくなる。 また、テストステロンが減少して、はるかに従順になる。 中性化手術を受けていないのも乱暴吠えも減る。 ドッグタイムは記事は “テストステロンのレベルが低下し、攻撃性や領域の防衛省行動も一緒に減少することが分かった」と付け加えた。

中性化手術は生後8週間後に実施するのが良い。 余りに遅い場合、オス特有の攻撃的な性向が残ることがあるので注意しなければならない。 手術を決定する前に、獣医師と十分な相談を経なければならない。 また、一部の犬は、手術後の成長がのろいことができる。 テストステロンが減少して骨の成長に影響を及ぼしたからである。

手術後のあなたの犬が突然たくさん食べ始めても、あまりにも驚く必要はない。 手術をした犬は、ホルモンの分泌が変わっ食べ物をいつもよりたくさん食べることができる。 こういうときは、あわてずに、いつものような量を供給しながらおやつを減らすなど、肥満にならないよう気を使ってくれれば良い。 適切な関心を傾けてくれれば犬はすぐに正常な食事量にもどって来る。

手術後の切開部位が広がったり犬の痛みをひどく感じたらすぐに獣医に見せなければならない。 また、犬の傷をよく舐めたら回復がのろいことがあるので、24時間の間にプラスチックカラーを着用することをしなければならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!