Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]猫と仲良くするには

/
/
/

猫は感情を表わさない鼻柱高い動物というイメージがある。 猫と仲良くするにはどうすれば良いか?

米国カリフォルニア大学獣医学科ミケルデルガド博士は「猫がお互いのお尻を寄せる行動は挨拶するものであり、お尻を盗聴距離も自然な行動だ」と述べた。

猫の体の特性について知ること猫と早く親しくなることがある。

視力より重要な嗅覚

猫を長く育てた人でも、自分の犬を100%共感するのは難しい。 猫の行動の中で理解できない行動の一つは、猫が会った時のにおいを務める行動だ。

ミケルは「猫がお尻側のにおいを務める行動は所有者を見つけるための行動である」と述べた。

猫は視力だけでなく、嗅覚的に人を区別することができるからである。 したがって猫が後ろ今後は攻撃の信号ではなく、関心を集めてたいという表現であることをしなければならない。

猫に触れるときに注意しなければなら身体部位

アイルランドのダブリンに住んでいるガビデュエンは「動物が触れる嫌い体の部位が別にある」と述べた。

敏感な体の部位は、いくら猫を飼っている所有者といっても触れてはならない。

猫の敏感な体の部位は足、ひげである。 猫は人とは異なり、つま先だけで歩くかの惑星動物である。 つま先の先端を床に向かって床の材質、温度などを非常に鋭敏に感知する。 つま先とその間に数多くの神経が分布して敏感なので足に触れることを嫌う。

胴に手を触れるだけででも、後半は「嫌い」と言うのと同じである。 前足と後ろ足も触る好きではない部分の一つである。 猫が最も触れるならない部位は、まさに倍である。 船を触ると猫は所有者を非常に嫌いになる。

また、猫のひげは、高度に発達した感覚器官である。 ひげは猫の目とボール、脚分布しており、空間の広がりと温度を敏感に感じる。 視力を失った猫もひげのおかげで家の中に慣らさ歩き回ることができ、小さなボックスにも素早く入ることができる。

猫のひげがない場合、暗い場所で障害物をうまく検出できず飛び降りる感覚に問題が生じる可能性があり、ひげをむやみに切らないようにしなければならない。

猫気分が良くするには、

猫をよく知らない所有者は、アムロトゲマンジョトダガ猫の警戒態勢が激しく荷物感じ慌てものだ。

デュエンは「猫と親しくしてたい猫が好きな部位を触ってくれれば良い」と助言した。

どこを触っても好きな犬とは異なり、猫が触れる好きな部分は非常に難しい。 猫が好きな部位は、尾の前のお尻部分である。 尾前のお尻を触る好き一方、尾に触れるとても嫌いだ。 頭の前に触れることも好きな方だ。

デルガドは「猫が主人のお尻の方に顔を入れてしまえば、所有者を知りたい信号である」と強調した。 猫ごとに差はあるが、ほとんどの猫は尾に近いなどの部分を撫でてくれることを好きだと付け加えた。 ある。

なかなか本音を知ることができない猫なので、所有者は猫が好き嫌いことについて勉強しながら猫と徐々に親しくなることがある。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!