Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]猫の爪切り、簡単に挑戦するにはどうしますか?

/
/
/

猫を飼う保護者であれば、定期的に爪をダドゥムオヤすることがよく知っている。 ただ聞かせた場合の爪を下に曲げながら続け育つので、つま先凸歳(パッド)までその影響が及ぼし腫れ感染することができる。 そして、このような問題は、行動や健康の問題にもつながる可能性があり、ひどい場合外科手術など応急措置を要することができる。

しかし、問題は、大多数の猫が爪の手入れを嫌うということ。 これ長く鋭い爪が保護者や他の家具に傷を出すことを置いてみなければ、ゆっくりと猫に爪整えることが恐れていないことを通知し、容易に爪を削ることが良いだろう。

必要なツール

猫の爪整えるツールはかなりいろいろだ。 一部の人々は、特殊なはさみを使用して、猫の爪を持って切ることを好む一方、他の人々はカッターやクリッパーなどを利用することもある。 しかし、ここで最も重要なのはどのようなタイプを使用しても刃が常に尖って来るという点だ。 刃がムーディー面むしろ猫の皮膚や肉を損傷させたり、爪を折れるようにすることができる。 あるいは出血が発生することもある。 このような事態に備えて、常に周りに止血関連ツールを備えておくことが望ましい。

もし猫のサイズが小さい場合、人々が使う一般的な爪切りを活用してもよい。 しかし、年齢が多く墓参りなら猫専用のネイルトリマーを使用する。 ネイルトリマーは近くのペット用品店で容易に購入が可能で、はさみスタイルやスプリングスタイルなど好みのタイプを選択することができる。

猫専用爪切りを購入した場合、もう乾いスパゲッティ面を利用して猫に適応訓練をさせるようにしなければならない。

猫の爪刈り段階

猫準備完了させる

猫がまだ子であれば、まず静かな部屋に入って膝に座らせてリラックスした雰囲気を造成しなければならない。 猫が非常にリラックスした状態を維持させることがカギでは、眠い状態に維持することができる程度にならなければならない。 そして、窓の周りや他の場所で猫の目を取ることができる他の障害物がないことを確認する。 このようなすべての準備を終えたら、もう猫の足を優しくマッサージしながらお手入れに慣れるように作成される。

フットマッサージする

一番最初に慎重に高揚の足を自分の指の間に入れてマッサージをしてくれる。 この時、マッサージ時間は数字で3をカウントするといったまで持続すればよい。 もし猫がこの時の足を抜くと、無理に再び引っ張らままおくのがよい。 そして猫が安定を発見したようである、再び足を取り出しフットパッドを押して爪が出てくるようにする。 そして再び足を入れてくれる。 このように、毎日のつま先10個をすべてマッサージしてくれればいい。

しかし、この時、片手で鋭いものを手にとっている場合は、猫にはむしろ緊張感を誘発させることができる。 猫の気質や習性には差があるだろうが、多少の気質が攻撃的であるかに気を取らば、特に注意を払う必要があります。 この時、猫がもがき逃げようだもので刺される問題だけさらに悪化することができる。 あまりにももがきていこうとするなら、しっかりとホールド痛めないようしなければならない。

爪切りに慣らさ作成

猫はまた、実際に爪を削る前あらかじめ爪刈りの音に慣れることができなければならない。 そのためには、まず猫を膝に乗せてすぐ隣には、乾いたスパゲッティ面と爪切りを準備、ネコの片足をマッサージしながら、同時にパッドを軽く押してくれる。 そしてこの時、爪が出てくれば、同時に爪切りでスパゲッティを切る。 一度するたびに足を再び入れてくれた後のおやつに賞賛してくれる。

急いでいない

猫の爪のピンクの部分をクイック(quick)と呼ぶ、この場所は、神経と血管が接続された部位である。 つまり、非常に敏感なところなので、絶対に触れてはならない。 必ず爪の白い部分だけを切り取る。 これ早く進行するより控え目で注意しながら、ゆっくりと進行することが望ましい。 もし誤ってこの部位を触る血が私なら、いち早く止血ツールで血を停止するようにする。

一般的に、猫は前足だけ切って後ろ足だけ置いておくのが普通である。 しかし、後ろ足の爪が保護者に傷を与えるように病気であれば、後部爪も切らなければならない。 しかし、ほとんどの猫が後ろ足の爪を切るのにかなり恐れて緊張するので、最初に足から整えることが有効である。

爪のトリミング

膝に猫を座らせたり、楽な姿勢で寝かせた後、保護者と猫から遠い側に爪に向かって切り捨てする。 切るときの足をつかんで爪が出るまでマッサージして押しながらスムーズに扱わなければならない。 そして鋭い部分をトリミングした後は、いち早く猫をノァジュゴおやつに補償してくれる。 もし猫が自分の爪が切られたことを気づいていなかった場合は、もう他の爪を続いて切るれる。 この時、一度に2つ以上の爪を切らないように注意する。 そして、必ず爪を切った後は、おやつとして賞賛をしてくれるならない。 爪は10日、もしくは2週間ごとに整えてくれるのが一番良いが、このようなすべての方法が通じない場合獣医に助けを求めることが良いだろう。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!