Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]猫は本当に主人と会話することができるだろうか?

/
/
/
▲ソース=ピクサーベイ

猫が「言っていること」のように見える映像を一度は見たかもしれない。 映像を見た人は、猫が楽しく愛らしい動物と考えることもできる。

実際には、猫は人と会話を交わすことができますか? もちろんこれに対する正解はない。

明らかに、猫は人間のように言うことができない。 また、猫は、複雑な言語を論理的に推論したり、習得することができない。 しかし、猫は自分の声を出して人と会話を交わすことができる。 事実猫は、さまざまな声を出しながら主人に餌を依存したり、愛情などを要求したりする。

いくつかの猫の品種は、他の猫に比べ、自分の声をたくさん出す傾向がある。 例えば、シャム猫は主人との長い会話を交わして、様々な発声法を使用して、自分が欲しいものを要求する。 一方、ペルシャのようなロングヘアの猫の品種はおおむね声をよく生じない。

猫はまた、鳴き声で意思表現をするだけでではなく、身振りで自分の意思を伝えることもある。 しかし、ほとんどの人は、猫の身体言語を正確に解釈することができない。 例えば、猫の尾は恐怖、イライラ、あるいは満足のような表現を提供するために使用される。

一方、猫はどのような方法でコミュニケーションをする場合でも、ペットのニーズを理解してくれることが重要である。 最終的には、ネコの柔らかいながらも満足感が滲み出た「ニャー」の音を聞く場合は、胸がいっぱいに感じるしかないだろう。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!