Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]猫ももう社交性に!猫のための「社会化」

/
/
/

犬より独立して行動し、保護者の手をあまり喜ばない猫たち。 そんな猫たちにも社会化は必要ですか?

猫の社会化

猫を飼う多くの保護者は、自分の猫に社会化とはあまり必要な教育はないと思わやすい。 しかし変えて考えてみよう。 猫を社会化させて、より社交的な猫のように作成することができれば、これは独立しながらも、同時に人間に身近な猫になることがあるという意味になる。 米国ロサンゼルスに拠点を置く猫救助組織(Kitty Bungalow Charm School for Wayward Cats)の創設者ショーン・シモンズ(Shawn Simons)は、このような猫の社会化の支持者の一人である。 それによると、「猫を社会化させないことは、猫にひどいことをすること」や同じとのこと。

シモンズは犬と猫の保護者を比較対象とした。 子犬を採用する保護者の場合、首輪を結ぶか、または木枠狩りを学ぶなど、一般的に犬を世話に必要な情報を得るために、積極的だが、猫の保護者は、そうではないだろう。 彼は猫の保護者は、ただ、養子縁組した猫を家に連れて来て新居を紹介する程度にとどまったと指摘した。 自分の2匹の猫の社会化教育をさせたシモンズは、これらの犬のように家の中を守り、見知らぬ人からも快適さを感じる強調した。

▲出処=ウィキメディア・コモンズ

もちろん社会化の過程で覚えておくべき不可欠な要素もある。 まず、子猫の場合、どの程度待って与える時間が必要である。 トレーニングを開始する前に約1週間ほどがいいのに、子猫の最良の社会化教育の時期は生まれた後、3〜9週間の間になった時だ。 子は、まず、母と、この期間中に十分な時間を過ごすのが良い。 この時期の間に、自分の仲間やパートナーを識別して確認することができるからだ。 3週間程度が経過する子は他の猫たちとの社会的な絆を形成し始める。 この時期の間に人と猫ではなく、他のペットを会っ自分のパートナーであると考えても、これらを満たして経験はすべて肯定的に作用する。 猫ではなく、他のペットと社交的な経験を積む最も理想的な時期は5週間ほどで、5週間超えない方がいい。

また、生後3日以内には生存するかどうかが最も重要なだけに説明していないことが重要である。 以後、毎日猫と交感して生活すればよい。 子猫が人間の匂いと手に絆を感じることは非常に重要な、特に3〜7週間の間に行われることができるようしなければならない。 このような時期が過ぎて7週間に達した場合、社会化訓練に突入するのがよい。 この時期を逃した場合は、12週、この時期も逃し面次は6ヶ月目された時に適している。 この3回の時期に猫の一生の間に一緒にすることができることをしましょう。 例えば自動車に乗せたり、家に出入りする他の人々を体験できるようにすることである。

▲ソース=マックスピクセル

社会化のトレーニングのヒント

1.できるだけ多くの人に公開させろ

先に述べたように、猫が子供の頃から様々な人々に会う経験は非常に重要である。 訪問が頻繁友人や親戚に限定されず、できるだけ多くのカテゴリの人に会うことができるようしなければならない。 女性になることもあり、男性になることもある。 あるいは帽子や眼鏡を書いたり、車椅子に座った人なども、様々な感覚を与えることができる。 特に大人と異なる行動を見せる子供たちに会うことは多くの助けになる。 ちょうど子供は大人がないときより積極的な猫を扱うことができるが、これ猫に衝撃的に近づくことができる。 これお互いけがをしたり、事故が出ないようにすることができるように管理、監視をしなければならない。

2.犬を経験しなさい

最初は猫に社交的な犬に会うくれる方がいい。 約3〜7週間以内に行われる適当であり、二つのペットが互いに対面する前あらかじめじっくり心を落ち着かなくする作業が必要である。 ただし、犬は首輪を満たした状態でなければならない。 そして、これらの臭い伝達のために猫の体を犬に摩擦がしてくれればされる。 犬にも良い経験になることができるようおやつを与えて行動を誘導する、お互いに肯定的な効果を生むことができる。 もし犬は猫を追いかけていく行動をすればすぐに制止して停止しなければならない。 これはまさに猫にストレスになることがあるからで、否定的な経験に烙印されることができる。 玄関ドアからぶつかるようにしてもならない。 家の正面玄関は、犬が自分の財産を守るために重要なポイントであるからである。

3.家のすべての音を聞かせてやれ

キッチン用品が動作している音やTVの音、あるいは掃除機の音など、さまざまな音を聞かせながら生涯慣れることができるようしなければならない。 また、フードボウルとベッド、傷付けることができるスクラッチポストを主要な場所に置いておきながら徐々にこのような様々な音や物事に不慣れないようにするのが良い。 しかし、猫が、このようなすべてのものに恐怖を感じ、筋肉を緊張させたり、保護者からの遠くなろうとする場合、速度を遅らせ強制的に経験していないようにしてやろう。

4.猫幼稚園入学

最近忙しい保護者を代わってペットを世話するペット幼稚園も盛んに行われている。 これこのサービスを積極的に活用している猫が幼稚園で複数の行動を学び、他の猫と人との社交的に過ごすことができようにすることができる。 保護者はまた、猫のボディランゲージを理解したり、猫のトイレの使用に関する情報も学ぶことができてよい。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!