Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]猫ヘオボル減らす

/
/
/

猫はいつもヘオボルとする。 ヘオボルと猫の抜け毛がボール状に丸めて体の中に蓄積されるはずなのに、猫はいつも自分の体をグルーミングするための毛を食べて、それでヘオボルがよく起こる。 猫は時々ヘオボルを吐き出すこともある。 これは非常に自然な現象だから驚かなくてもよい。 しかし、ヘオボルが体の外に排出されず、ますます大きくなったり、内臓器官のどこかにかかる深刻な健康問題を引き起こすことができる。

猫には、次のような症状が現れた場合、すぐに動物病院を見つける必要があります。

1.嘔吐、吐き気などを何度もしたヘオボルが出ていないとき

2.食欲不振

3.無気力

4.便秘

5.下痢

前述したよう猫にヘオボルが生じることは避けられないことだ。 ただし、さまざまな方法でヘオボルの生成を遅らせることができる。

1.定期的に毛とかしサイクル

ヘオボルのサイズと生成頻度は、猫の毛の状態に応じて変わる。 ジャンモジョン猫はダンモジョン猫よりヘオボルが多く、多くの起こる。 だから毎日猫の毛をとかしてくれ死んだ毛をあらかじめ除去するヘオボルの生成頻度を下げることができる。 猫グルーミングは主人と猫の絆の形成にも役立つので一石二鳥だ。 猫の毛も長く管理が難しい場合は、麻酔をせずに美容をしてくれるところを探して猫の毛を整えてもよい。

2.あまりに頻繁グルーミング停止

猫はすることがなければ、一日に数時間の間グルーミングをする。 グルーミングを頻繁にすればするほど、猫の体の中に蓄積毛が多くなる。 したがって猫に新しいおもちゃを与えたり、一緒に遊んでくれるなど、猫の注意を別の場所に回すほうがいい。 ただし、猫の体を強制的につかんでグルーミングを止めたり、大声を出して猫を驚かせてはならない。

3.食事調節

消化機能を改善するために猫に消化に役立つ食べ物を食べさせてもよい。 茹でカボチャや少量のバター、オリーブオイルなどを週に二回程度の猫に餌にヘオボル除去に有用である。 繊維サプリメントのメタ虚偽を飲ませてもよい。

4.特別製品

ヘオボル消化を助ける特別な飼料やおやつもいる。 また、毛髪の健康のためのサプリメントも市中に多様に販売されている。 毛髪が健康になれば抜ける毛減るのでヘオボル減少に効果がある。

5.ペトロリウムゼリー

ペトロリウムゼリーは、石油から抽出したもので、ワセリンも入る要素である。 ペトロリウムゼリーを少量与えれば、これは給油のように作用してヘオボル排出を助ける。 しかし、すべての猫がペトロリウムゼリーを消化させることができるとは限らないとあまり与えれば下痢をしたりする。 これを使用する前に、必ず獣医師と相談しなければならない。

大腸炎

猫がヘオボルを正しく排出しなければ頻繁に嘔吐して大腸炎(IDB)にかかる可能性が高い。 IBDの症状としては、慢性の断続的な嘔吐、胃ガス、腹痛、下痢、体重損失、血便などがある。 IBDは、食品アレルギー誘発物質、人工着色剤、および防腐剤、肉タンパク質、さらに遺伝などで発生することができる。

獣医が猫部隊の詳細を知ることIDB診断に有用である。 獣医は、身体検査、血液検査、尿検査、X線などで根本的な原因を見つけることができる。 IDBは治療が可能ですが、再発する可能性が非常に高い。 消化管と免疫系の症状を管理する方法で治療する。 主に免疫抑制剤、抗生物質およびビタミンB12を処方される。

猫のリンパ腫

ヘオボルが含まれていない頻繁嘔吐はリンパ腫の症状であることもある。 また、他の症状としては、嘔吐、下痢、便秘、無気力、黒便、食欲不振などがある。 猫リンパ腫の最も一般的な原因は、猫白血病(ボムベク)ウイルスと猫免疫不全性ウイルス感染症である。

残念ながら猫リンパ腫を治療できる方法はない。 治療の焦点は、猫の痛みを少しでも減らして生活の質を向上させるものである。 予後は腫瘍の形、形と大きさ、治療のために腫瘍の反応などによって異なる。 この病気にかかった猫を飼っている場合は、猫が健康的な食事を摂取して、薬を正しく服用して生活を続けていくよう助けるべきである。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!