Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]突然の “ガチャン”?…猫のもの叩きつける習慣、一体なぜ?

/
/
/
▲クリースマートツリーに囲ま書いたかわいい猫(出典=ピクサーベイ)

静かなだけで、いつのまにかどこか聞こえるガチャン音! 訪ねてみると、床に無残に割れ形状がなくなってしまった作品と、これを無心を見てアンジュンスロン猫一匹がいます。

愛らしくかわいい猫が急に腹誘発者変わるのは一日だけのことではない。 どんな大変なことに、または深刻見えない表情で単純に前足で自分の前に置かれたすべての障害物を処断する猫のこのような癖は一体なぜ、どこから来るのだろうか?

猫とより幸せな人生を生きて行くことを希望するすべての人のために、猫のこのような習慣を説明することができるいくつかの内容を公開する。

猫のもの落とす行動要因

1.捨てない野生の習性

猫が家で住むひたすら100%慣らしたと考えると、誤算ことができる。 専門家によると、猫がこのように物をいたずらに押しのけ落とす行動は、その物が供給することができているか否かを確認する一つの過程に過ぎないと言う。 つまり、実際にその物が生きているか否かを判断するための独自の確認手順と見れば良い。

2.注意引く

静か突然ガチャン音がしたら、当然、その音の原因を見つけて行くものだ。 猫はまさにこのような保護者の行動を狙った可能性が高い。 物が本だった額縁これあるいはボウルであれ、自分の前足の届くところにあるすべてのものを容赦なく落としておけばすぐに保護者が駆けて来ること、猫はすでに知っていること。

ただし、このような行動は、猫が寂しさを感じるとき多く犯す可能性が高い。 あるいは愛情を少なくたり飼料与える時間を忘れたりするときなど、猫に夢中に関心を持たなかった瞬間であることを知っておこう。 動物行動のコンサルタントであるエイミーショーエーザイは猫は、操作をよくする動物であるので、自分が欲しいものを得るためにこのような行動を見られると述べた。

3.終わりのない退屈

家で生活する猫は比較的自分の天性である狩猟スキルを使うことがあるがあまりない。 さらに、保護者が自分と一緒に遊んでくれないなら、自分で足を放ち、キックを飛ばすしかないということ。 結局、犠牲者は不特定多物体となる。

4.探索欲求

猫は小さな子供非常に似ていると見られる。 まさに好奇心が非常に多いという意味だ。 これ好奇心発現の一環として周囲にあるすべてのものをそのまま叩きつけること。 このような行動を自分を取り巻く環境を探索し、探索する方法とするものと見ることができる。

5.保護者の反応を見る

何度のものを落とし君の保護者が苦手としておりすぐに走ってくる姿を見た賢い猫であれば、次回もまた、保護者がいつも駆けて来ることを既に知っている。 このような保護者の反応を楽しむことも猫のいたずらな欲求の一つであることができる。

しかし、このような持続されたいたずらに保護者が予防策や防止策を立てなければ、猫のゴジラ物降りなしになるいたずらは終わりがないこと。

▲かくれんぼ遊び猫(出典=ピクサーベイ)

予防策

自分の猫がこんな習性を持っており、何度も経験をした保護者であれば、今後の事故をより少なくすることができる妙案が急務となる。 複数の解決策の一つは、自分のものの中で、特にガラスや陶磁器など、非常に脆い部分を猫の前足に届かない場所に移すことである。 非常に単純な解決策のように見えることがありますが、猫の高いジャンプ力によりアン行く所がない場合、これも難解な問題になることができる。 一般的に、カウンタートップや棚、机、テーブルのように落ちる可能性が高く、開放された場所に置くよりも、猫が絶対発見することができない、あるいは開くことができない大規模な頑丈な箱にしっかりと入れることがよりよい。 もう一つの方法は、他の猫を喜ばしてくれることができるおもちゃを購入し、自分の貴重なものを守ること。 ここで重要なの気晴らしである。 噛んだりヅドゥルギゴビート壊し船尾になっても全く保護者の他の貴重なものと関連がない場合は、このようなおもちゃを無数に備えて、猫の目を向けるエネルギーを噴出するように助けることが有効である。

もし小さな赤ちゃんがいる場合は、子供の乳母の役割をするように別名「ベビーシッター」の役割を引き受けるようにすることもある程度有用である。 猫が直接赤ちゃんの揺りかごを振っ赤ちゃんを寝かせた場合には、これよりも生産的でありながら猫にも遊びができることはない。 特に猫の知能が高く、仕事をするのに役立つと判断であれば、積極的に猫を家事に投入させるのが良い。

しかし、猫のこのような行動が続けば、猫が現在必要としているものがあるかを把握して見る必要がある。 実際に何を求めており、保護者の注意を引くために行動である可能性があるからである。 例えば、現在の気温がゴヤンイイに寒かったり、暑いではないか、または病気になったり、あるいは空腹たりしたことはないかをまずチェックするのは、猫の行動の問題を防ぐのに実際に多くの助けになる。 これ保護者は、適切な時期に飼料を与え、多くの遊んでくれて愛情を表示するなど、猫の気持ちが良くなることができる複数の環境を造成してくれるとする。

一部の猫は、自分のように遊ぶ別の猫がほしいと思うこともあります。 自分のように一緒にすることが、他の猫が一匹いる場合、これらの素晴らしいプレーメイトの関係になることがあります。 また、これまでも寂しくないので、他のものに気を使う時間も減る。

最後の手段としては、単に猫の行動を無視するものである。 猫が欲しいものを聞いてくれないという一念で、他の場所でガチャンと音が聞こえても単に無視すること。 このような行動に注意を払う場合猫は、同じ習慣を繰り返すので、最初から最初から気にしないというジェスチャーを見せるだろう。

▲ネズミの人形で遊ぶ猫(出典=ピクサーベイ)

最終的な結論?

結論はすぐに猫はただ自分に忠実ながら、自分が持っている動物の本能に基づいて行動するということ。 ハンターの気質がある、当然狩りをしなければならず、必要とするものがあれば、当然、保護者にこれを通知する必要がある。

先に述べたように、猫は小さな子供も同じなので、可愛く抱きしめ多くの愛情と愛を与えて表現しながら、時には彼らの理解できない行動も理解するように努めなければならない。 さらに、ペットと生きるということは、安定した耐久性が重要であるだけに、動物の行動を理解しながら防止策を模索するのが賢明である。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!