Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]米国ミネソタ研究者、犬の人のための不正な脳腫瘍の治療法開発中

/
/
/
▲ソース=ピクサーベイ

医療専門誌ヘルシーデーニュース(Health Day News)は、ミネソタ大学の研究者が犬の悪性脳膠腫Glioblastoma)を治療するための方法を研究しており、今回の研究では、犬の人にすべての致命的な脳腫瘍を理解する鍵となることができると報道した。

WebMDによると、悪性脳膠腫は成人に発症する最も一般的な悪性脳腫瘍で、現在までに治療が不可能な癌として知られている。 このタイプの脳腫瘍は犬人の両方で発生することができる。

ミネソタ大学獣医学科のリーズインフルエンザする教授は「犬に発生する悪性脳膠腫の治療法を見つけることが目標であり、今後の人のための治療法の開発にも使用であろう期待している」と述べた。 悪性の橋紙発症したのは、診断後、ほとんど安楽死に処せられる。

今回の研究では、発症メカニズムを理解し、ワクチンと遺伝子治療を改善する目的のために不正な脳膠腫を経験しているの30匹を対象に行われる予定である。

悪性脳膠腫を患った有名人には、現在治療中の上院議員ジョン・マケインと2009年に死亡したテッドケネディがある。 報告によると、悪性脳膠腫と診断された人は、治療後も生存期間が制限されている。

ペンシルバニア大学の研究者は、先行研究を通じての腫瘍細胞を活用したワクチンと遺伝子治療法での寿命を延長するには成功したが、当該疾病を完全に治療できなかった。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!