Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]老齢犬にもっとケアを

/
/
/
▲ソース= Flickrの

老齢犬は、体の変化を経験する。 動くことも大変すべての感覚が鈍くなり始めている。 一生主人に愛を捧げてきた高齢の犬、少しでも楽にしてくれる方法がないのか?

事実家少し変えても老齢犬がより自由安全生活することができる。 ペット専門誌ペットMDは記事で「老齢犬は鈍感になって、以前のように視力も良くない」と述べた。 ため老齢犬がほとんどの時間を過ごす場所をきれいに掃除するのが良い。 犬が通過ところの邪魔になるものを片付けてくれれば良いです。 感覚が鈍くなった老齢犬が事故を起こす可能性があるからである。

もし家が2階建ての家であれば、路肩に必要なおもちゃ、食品、水のボウルなどが2階にも装備されていることを確認する。 また、玄関を簡単に上り下りできるように三角ランプを作ってくれる方がいい。 路肩は暗闇の中でよく見ることができない。 よく行くベッド、酒飲み、ドアなどにランプを置くと物とぶつからずに簡単に移動することができる。

家具のとがっ角もないほうがいい。 ペットMDは「家具の角に使用する柔らかいゴムで作られたクッションは、家具やベビー用品コーナーで簡単に購入することができる」と提案する。 この家具の角クッションは犬の負傷を予防する。 路肩は尾をよく制御できず、花瓶のようなものを倒すことができる。 事故に備えるため、このようなものは、高いところに置いておく。 床に落ちることができる小さなものも片付けておく。 注意事項は、一つ以上ある。 コイン、ボタンなどのように、小さな物体は片付けておこう。 老齢犬が一口に食べることができるものをおやつに間違って考えて食べることもできる。

年配の犬には、繊細な救いの手が必要である。 犬がソファに上がってきて主人の横になりたいなら、上がってくることができるように応援してくれたり、少し後押しする。 主人と寝たら、部屋に水と餌、ほのかな照明を置いておく。 犬はただあなただけであることを忘れないように。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!