Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]足舐め尾を追う「犬強迫性障害」が正しく知る

/
/
/
(出典= Flickrの)

精神的な問題であると考えている強迫性障害。 強迫性障害を定義言うと、内面の葛藤に生じた不安を意識行動に解消しようとする情動障害とすることができる。 多くの場合、社会生活をする人間から観察されている障害であり、これは人間の行動との関連性が深いと言われている。 発見された症状には、反復的な活動を継続的にすることだが、獣医のカレンベッカー(Karen Becker)氏によると、このような行動は、制御がされず、むしろ、常に継続的に執着するようになる。

このように、精神的な障害強迫性障害は、現在、約1〜3%程度の人間が経験しているが、今日では、犬や猫、鳥にも現れ問題となっている。 人間と同じように、これらも反復的な行動をするのには、特に子犬から最も通常見ることができるのが、自分の尾をどんどん追いかけ行動だ。 一部の保護者は、このような行動をしかし面白いか、かわいいと思いし、むしろ煽ることもある。 犬の強迫性障害、別名CDC(canine compulsive disorder)といわれるこの障害について調べてみよう。

(出典= Flickrの)

犬強迫性障害

メディア媒体」の間エコロジー今日」によると、CDCは子供の精神科医であるジュディスとポポガルト(Judith Rapoport)によって最初に発見された。 過去彼が書いた児童強迫性障害関連書籍の発売イベントで一読者が自分のペットにも反復的な行動をするとしなさいポポガルト博士の本に出てきた子供の行動と似ていると言われたことがきっかけとなった。 本に登場した子供が強迫的に体を洗うように、自分の犬も強迫的に足を舐めることだ。

博士は、この言葉を聞いた後、犬の強迫性障害の研究に突入した。 そして、1990年代博士の研究は、広く引用され、動物の反復行動障害に対する既存の獣医視点を揺るがす電気を用意した。

犬の最も一般的な反復的な行動の症状としては、思いやりの性(脂ハルウム)皮膚炎(ALD、acral lick dermatitis)と尾追跡があり、フィンランドで行われた研究によると、犬が反復的な行動は、人間の強迫観念と非常に似て形を帯びる。

1.人間と犬の両方若い年齢の時から、このような反復的な行動が表示される。

2.外傷やストレスとの関連が深い。 子犬が苦しむストレスの場合若い年齢で母と離れて養子縁組された事例が代表的である。

3.強迫的な行動や活動は、少なくとも1種類以上である。

4.ビタミンや栄養補助食品で治療が可能である。

5.内省的な傾向を示す。

米国タフチュデニコラス・ドッドマン(Nicholas Dodman)名誉教授がドーベルマン品種を対象とした別の研究では、実験に参加した犬の半分だけが舐めるの症状を見せ、残りの半分は、このような行動を見ていないことが分かった。 教授は、舐める行動をする犬たちの場合、脳の中での活動が洗練された細密したと、これは強迫性障害を経験する人間からも発見された現象だと説明した。 また、犬から示された気カーデリン(neural cadherin)遺伝子も強迫性障害を経験する人間から発見された遺伝子と同じことが明らかになった。

(出典=ウィキメディアコモンズ)

治療

しかし、犬のすべての舐める行動が強迫性障害の症状と断定することはない。 強迫行動は、複数の種類の可能性があるからで、いくつかの強迫行動で表示される根本的な原因を示して症状を把握することが必要である。 例えば足の指の間を舐めること皮膚の炎症である膿皮症の症状であることができる。 強迫性障害の行動は、物理的ではなく、精神的な原因で誘発されるので、病院に連れて行って獣医師の診断を受けることが賢明である。

もし自分の犬が強迫性障害と診断されたならば、次のようないくつかの措置で助けを与えることができるようにしよう。

1.食事の改善

バランスの取れた食事は、最も基本的な治療法である。 防腐剤がなく、有機成分が入った食事を供給することが重要である。

2.適切な運動

筋肉と適正体重を維持するのに役立つ身体活動を毎日するようにする。 散歩を含めて、水泳やボール投げのインポート、ノーズワーク、敏捷性を促進活動などがある。

3.おもちゃを活用

犬に精神的な刺激を与えることができるかむことができるおもちゃを活用して感情的な開発を維持してくれるようにする。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!