Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット] AI搭載されたロボット猫、高齢者の生活の補助者になる

/
/
/

高齢化時代が近づくと高齢者のための科学技術が急成長している。 抱えていると、まるでペットを撫でるような感じを与えるクッションからリモートで高齢者の世話をする、仮想犬までの範囲も非常に多様である。 今回は人工知能(AI)が搭載されたロボットの猫が公開された。

ジョイポオル(Joy for All)

ジョイポオルはAIが搭載されたロボット猫である。 AP通信は、玩具メーカーハズブロ(Hasbro)と米国ブラウン台共同で、この製品の開発に乗り出したと伝えた。

ハズブロは2年前ジョイポオルを発売した。 ブラウン代ここにAI技術を搭載するための研究に突入したもの。 AIが搭載されると、猫は、高齢者の失われたものを見つけてくれて、医師に連れて行って与えることができるだけでなく、電話もかけて与えることができる。 開発チームは、高齢者が自宅でより独立して長生きできるように猫が助けを与えると説明した。

すべての高齢者が気軽に猫の助けを得ることができるよう価格も安価に策定される予定である。 現時点で100ドルから数百ドルの間になると思われる。 開発チームは、たとえ猫がバッテリーで動作しているシステムではあるが、すでに多くの人が実際に猫のように締めポオルを扱うと強調した。米ブラウン大エンジニアベルトラン末(Bertran Malle)教授は、ロボット猫のAI開発目的が簡単な作業を非常によく実行することができるロボットを作ると述べた。 彼は猫にもかかわらず服をアイロンしてくれたり、新聞を提供してくれるなどの家事をしてくれたけど、主人に快適で、快適さを提供してくれるだろうと自信を示した。

認知症にも役立つ

ハズブロとブラウン台が共同プロジェクト「エリス(Aries・Affordable Robotic Intelligence for Elderly Support)は、ブラウン台科学者と地域の病院、シンシナティ大デザイナーが一緒に研究チームを構成している。 米国科学財団(NSF)から100万ドル(約10億ウォン)を支援受けた。

これらアルツハイマーを患っている高齢者にまで猫の利点が戻ることを希望すると明らかにした。 ただ技術のための技術を推進することは不要という立場だ。 研究チームは、AIが搭載された猫は、中間段階の認知症を患っている人々にとっては、より大きな助けになることができると、高齢者と一緒に暮らす生活をよりよく理解して理解するために、アンケート調査やインタビューなどを実施していると述べた。

ただしAIが搭載されたし、猫が高齢者との会話をすることができるわけではない。 ARIESに参加しているマイケル・リツイートマン(Michael Littman)教授は、動物の特性上、人間の言語で話すことは不可能だと、仮にこれらが言語を話すなら、認知症に苦しむ高齢者にむしろ化をもたらすことができると指摘した。

彼は他の手段で、高齢者とのコミュニケーション方法を駆使していると、例えば猫が自分の頭を動かす方式と述べた。 教授は、この相互作用が孤独とうつ病、不安の感情を減らすのに役立つことを願ったいと伝えた。 このようなリツイートマン教授は、猫が高齢者を必要とし、高齢者もそのような猫の行動に答えつつ、「治癒の相互作用」を構成することができると予想した。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!