Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]「よく寝る補薬」適正睡眠時間と一日の平均睡眠時間は?

/
/
/

健康な体のための多くの方法がある。 その中、一日平均睡眠時間をよく守ってくれればコンディション調整にも大きな助けを与える。 特に睡眠は、体が無意識状態にある活動をいい、この時間の間、身体は、一日の間に失われたエネルギーを回復させ、エネルギーを補充する。 人が睡眠を必要とする正確な理由はまだ知られていなかったが、睡眠は全体的な健康を増進させる不可欠である。 しかし、睡眠不足時の呼吸器を含む多くの健康上の問題引き起こすことになる。

適正な睡眠時間は?

各個人の年齢、生活習慣、健康状態に応じて、睡眠時間が調節される推奨する睡眠時間を調べてみよう。 0-3ヶ月は一日14〜17時間、1~2歳の日11〜14時間、6-13歳の日9〜11時、14〜17歳1日8時間〜10時間、18から25と26- 64歳一日7時間〜9時間である。

しかし、平均一日の睡眠時間を満たすとしてエネルギーを得て体調を回復することはない。 良い睡眠の質が体の健康状態を作ってくれるからだ。

良い睡眠の質を決定する方法

十分な睡眠を維持することに加えて、人は、全体的な健康のために、深い睡眠時間が重要である。 特に、睡眠が不足したり、睡眠の質が良くない場合、睡眠障害や今後の健康問題の指標となる。

1.カフェイン飲料を避ける

カフェインを多く摂取すると、日中はある程度覚醒効果を見ることができますが、この影響で寝る時間に邪魔をする。 カフェインの摂取量は一日1杯以上を渡さずに、最小の睡眠時間前4時間前には、ミクロないようにする。

2.昼間の時間に散歩をしてください

日光はメラトニンが発生して眠気が押し寄せてきて、疲れにする。 特に太陽の光をたくさん受け合間をぬって、日光を受けることが夜に楽に眠りにつくことができるように大きな助けになる。

3.温かいミルク、暖かい温度でシャワーをしなさい

空腹感がある場合はホットミルクを飲んだり、バナナを摂取するとよい。 また、寝る前に暖かい水にシャワーをすると、血液の循環をスムーズに支援半身浴や足浴なども有用である。

深い睡眠時間のための姿勢

熟睡に良い姿勢で深い睡眠時間を維持するのもよい方法である。 特に好きな姿勢がなければ、枕を利用する方法もある。 すぐに横になって寝る人は、小さな枕を腰に対面良く、横になって寝る人は、枕を太ももに挟んで寝るよい。 ダウンは人ならお尻の部分に枕を置いて寝ると股関節を支持してくれてリラックスに助けを与える。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!