Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]「関節炎」、進化の産物で明らかになって

/
/
/

膝と肩を苦しめる関節炎が進化の産物であることが明らかになった。 そのため、将来的には、骨盤と肩の痛みがひどくなる可能性がある見込みが出て懸念を買っている。

オックスフォード大学が行った研究によると、人間がまっすぐに立って歩き始めながら関節炎が現れた。 研究者は、300個の化石と4億年という期間にわたって地球上に存在していた多様な生物の骨を分析して、時間をかけて、関節への変形が生じたのか明らかにする研究を進めた。

テレグラフれる今回の研究での分析のために霊長類、ネールアンデル脱リン、爬虫類の骨が利用されたと伝えた。 人間は直立歩行をしながら、腰の痛みや変形性関節症のような症状に脆弱になった。

ナッツフィールド病院整形外科リウマチ分野と筋骨格系の博士であるポール・モンク博士が率いる研究チームは、人間の骨格がなぜ現在のような形に変わるたのかの理由を見つけるために研究を進めた。 人間は直立歩行を始めて以来筋骨格系に変化がと頭にまで至る肩の痛みと膝の痛み、ゴルバンヨム、若い人たちにも表示される膝ヘルニアなどの症状を経験するようになった。

モンク博士は、人間がこのような症状を経験された理由を進化の過程をさかのぼって発見することができるという理論を立てた。 研究チームは、このような理論を基に3次元モデルを作成、数百万年の間に行われた変化を観察した。

人間の太ももの骨は直立姿勢のために増えた荷重に耐えするために厚く進化した。 しかし、その反対給付として太ももの骨が厚くなっただけ関節炎がよりよく表示された。 研究者は、肩の部分でも似たような変化が現れたことを観察したところ、人間の肩甲骨は、時間の経過に応じて、その間のギャップがますます狭くなった。 モンク博士は肩甲骨の間の間隔が狭くなり、腕を頭の上に持ち上げる動作を実行することがより困難になったと説明した。

関節炎を持っているこれらの関節をポクポクにする炎症のために痛みを感じている。 退行性疾患である関節炎は、その種類だけでも100種類を超えた年齢とともに症状は悪化している。

世界中で5000万人以上の成人が変形性関節症に苦しんでおり、変形性関節症は、女性からのより通常に表示される病気である。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!