Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]おいしいジャガイモ、家で育てよう

/
/
/
▲ソース=ピクサーベイ

ジャガイモ料理は誰でもポピュラーである。 ゆでたジャガイモから揚げまでどの料理にも気軽に調理することができるジャガイモを直接中庭に植えてみてはどうか? しかし、庭が小さすぎると、植栽に不適合することもできる。 これ大きな袋やパック、袋を利用してみよう。 あるいは適当な大きさの容器を用いてもよい。

ジャガイモ植え方法を紹介する。

1.ジャガイモを植える袋やコンテナは、市場での適当なものを購入してもしますが、家で袋の袋や使わないバッグなどをリフォームして作成することもできる。 袋に土を入れ、上下に振り混ぜながら準備作業をしておこう。

2.ジャガイモの土壌になって与える土は堆肥と適切に触れると最も良い。 まず、堆肥と混合土の混合物を注ぎ、薄い層で満たした後、その上にジャガイモの種を一層加える。 その後は再び土の混合物を再充填する。 この時には、種子が完全に覆うようにして、水を与えれば良い。

3.ジャガイモ芽が土の上に現れ始めると、より多くの土の混合物を充填する。 この時、注意すべき点は、ジャガイモが育つ起動時に光が当たるといけないという事実。 ジャガイモに光が当たると緑色に変わり毒性物質であるソラニンを生成することになる。 緑のジャガイモが表示されたら、すぐに発見しまうようにする。

4.以後ジャガイモで花が咲くれる。 花が咲くように待って枯れるなるまで私べきである。 この時期は、収穫を知らせる信号である。 大きな紙を広げて、その上にジャガイモを取って収穫すればよい。 ジャガイモが枯れないように注意しながら、ジャガイモを取って、涼しく乾燥した場所に保管すればよい。 アーカイブされたジャガイモは調理する場合にのみ一個ずつ取り出して洗って使用すればよい。

ジャガイモを収穫して、残りの土壌は、以下の栽培のために再利用が可能である。 これ袋やバッグに再び入れて保管すればよい。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!