Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]しきりにかゆみなら?皮膚のかゆみ解消する方法

/
/
/

連日続く微細粉塵と痛い日光のために、最近、皮膚の乾燥やかゆみを感じる人が多い。 体重の約7%に相当する身体の最大の器官でもある肌、かゆみを感じた場合は、かゆみの原因と解決策を調べてみよう。

乾燥することによる皮膚のかゆみ

かゆみや刺激的な感じでお肌を傷付くが、これは乾燥肌による「かゆみ」として知られている。 最初は皮膚のかゆみが普段と変わらないように見え鳥肌、発疹、水疱が生じたり、赤くなるように皮膚の問題であることができる。 続いて傷付く場合傷はさらにひどくなり、血が生じることもある。 高齢者が肌が乾燥してかゆみを感じるのは正常である。

かゆみの代表的な症状

身体の特定の部位がかゆいは、いくつかの理由がある。 一般的なかゆみによる症状は発赤、凹凸、点、水泡、乾燥してひび割れ肌、革のような肌荒れだ。 原因を見つけて解決しなければかゆみはさらに激しくなることができる。

かゆみの原因は?

かゆみ程度に応じて、いくつかの原因がある。 乾燥肌は、かゆみを引き起こすが、これは皮膚の亀裂やスケーリングのためだ。

湿疹、発疹は、一般的に5人に1人の割合で発症するが、時間の経過とともに減少する。 アトピー性皮膚炎とも呼ばれ、子供によく見られる。 アトピー性皮膚炎、皮膚には副腎皮質ステロイド、局所カルシニュリン剤と経口抗ヒスタミン薬のクリームがお勧めされ、かゆみの部位に直接塗るとされる。

アレルギーまたかゆみの原因である。 肌に刺激を与え、アレルゲンと直接接触したときに発生する。 アレルギー症状が生じた場合には、ジルテク、クラリティーン、べドリルのような抗アレルギー薬で治療する。

じんましんは、ヒスタミンによって誘発される皮膚の炎症である。 ヒスタミンは、小さな血管が漏出されて皮膚が腫れあがる原因となる化学物質である。 肌が腫れ上がり発疹が生じる症状で、特定のアレルゲンに対する身体の反応の結果であるか、未知の理由で発生することができる。

かゆみは、白癬菌感染症と呼ばれる水虫に発生することができ、一般的に真菌感染症は、抗真菌性軟膏とクリーム、シャンプーで治療することができる。 感染の程度がひどい場合は、経口薬を処方されることができる。

かゆみ円ぬるま湯でシャワー

皮膚のかゆみがある時は、肌が乾燥しないよう迅速にシャワーをすること。 お湯でシャワーする場合、さらに、皮膚が乾燥することができる。 水をよく飲んで加湿器を使用して、体内に水分を満たすのも良いですが、一般的なボディ製品は皮膚のかゆみの原因となることができる化学成分が含まれていますので、中性洗剤を使用することも方法である。

かゆみを軽減する生活療法

保湿力に優れたローションとクリームを一日に1〜2回、皮膚に塗ってくれる。 特に処方箋なしで購入できるヒドロコーチゾンクリームの場合かゆみを軽減するのに役立つことができる。 かゆみがひどい部位に塗った後、軽くたたいて仕上げている。

ぬるま湯でシトドゥェ香料をはじめ、刺激的な成分が入っていない中性洗剤を使用するのが良い。 ニッケル、ジュエリー、ウールのような肌に刺激することができ、アレルギー反応を起こす製品を避けることが望ましく、何よりも出血や感染症を予防するために皮膚に傷を付けないことが重要である。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!