Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]みかんが健康に及ぼす効果

/
/
/
▲ソース=ピクシー語

古代中国の管理者が着用した明るいオレンジ衣服で名前を取っマンダリンと呼ぶこともある柑橘類、すなわちミカンは柑橘系の果物の中ではかなり甘い方だ。

みかんは3000年前から中国で栽培されたがみかんを消費することができる人は、特権層だけだった。 これはみかんにマンダリンという名のついたもう一つの理由だ。 みかんがヨーロッパやアメリカなどで広がったのは、比較的遅い19世紀である。

世界でみかんの生産量が最も多い国はまだ、中国である。 ここでは毎年200万トンを超えるみかんが収穫される。 最近では、米国でも収穫量が増え、カリフォルニア、テキサス、アラバマ州などの地域で60万トン以上が収穫される。

みかんは皮をむいて食べるのが便利でいくつかの健康に及ぼす効能がある。

みかんはビタミンAの含有量が高く、肝臓がんを予防することができる。 研究結果ベータクリプトジャンチンが豊富なみかんジュースを飲んだC型肝炎の患者は、肝臓がんにかからなかった。 また、みかんには、高いレベルのリモネンが含まれており、乳がんの緩和作用をする。

みかんにはビタミンCも豊富である。 ビタミンCは、感染性疾患や癌に関連するフリーラジカルと呼ばれる不安定な分子のグループを制御する。 だからみかんをたくさん食べる風邪の予防によく傷が敗血症に発展しないように防ぐことができる。 そして、ウイルス、カビ、細菌感染症を防ぐことができる。 みかんを食べるとシネプリンという化合物が生成されるが、これは体内のコレステロールの生成を調節する。 みかんは抗酸化物質があり、悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを促進させる。 さらに、膵臓からのコレステロールの吸収を防ぐヘミセルロースとペクチンを含有している。 カリウムも豊富で、血圧を下げ、動脈からの血がよく流れるように助ける。 そしてインスリンレベルを下げる。

みかんを定期的に摂取すると肌が良くなって肌の色が明るくなる。 みかんに含まれる抗酸化物質が日光から肌を保護して、しわ、小じわ、くすみなどの皮膚の老化の兆候を減らす。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!