Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]アレルギーの場合に注意すべき「好酸球性食道炎」、症状と治療

/
/
/
(出典=ピクサーベイ)

食道粘膜に炎症が現れ、やっ熟は疾患である食道炎。 よく胃酸が逆流する逆流性食道炎がよく知られているが、非逆流である好酸球性食道炎も全身疾患に関連する危険な病気である。 好酸球性食道炎について調べてみよう。

好酸球性食道炎(EOE、Eosinophilic esophagitis)

米国ミズーリ州出身の14歳の少年であるアレックスハッブルスウェイトは、最近クラッカーを食べて、予期せぬことにあった。 クラッカーを食べた後の血を吐く症状を示してい病院に行くされたもの。 医師によると、クラッカーがアレックスの食道を掻きながら食道炎が発生した。 これアレックスはしばらく柔らかい食べ物だけ食べていた。

その後一ヶ月が過ぎた後、アレックスはウォルマートで買い物を行った。 アレックスはマートでハムとチーズのサンドイッチを一つ拾っ取って、すぐに胸の痛みを感じ、再び痛みを伴う経験をすることになった。 今回は食道に穴が出たということだ。 アレックスは以後3ヶ月間の集中治療を受けなければならし、好酸球性食道炎という病名を診断された。

好酸球性食道炎は、食道炎の一つで、酸ではなく、非逆流性食道炎に属する。 この食道炎が発生すると、食道の組織は、多くの好酸球で満たされることになる。 白血球疾患であるが、好酸球性食道炎は、食品を飲み込むと好酸球と呼ばれる細胞が生成され、炎症が誘発される。

(出典=ウィキメディアコモンズ)

症状と診断、治療法

症状は年齢に応じて少しずつ異なる側に、いくつか紹介する。

1. 1〜4歳の間の乳児や幼児の場合嚥下拒否症状を示すことができ、これは成長不振につながる。

2. 6〜12の間の子供たちも、食べ物を飲み込むのに困難を経験したり、頻繁腹痛を訴えることができる。 嘔吐も複数回伴われる。

3.十代から成人の場合も、嚥下困難を感じるためには、特に硬い食べ物の場合、さらにそうだ。 食道では、食品がかかる緊急事態につながる可能性があります。

米国ミネソタ州にあるメイヨークリニックによると、好酸球性食道炎の一般的な症状は以下の通りである。

1.胸骨後部の胸の痛み

2.食べ物を飲み込むのに困難を感じたり、痛み伴う

3.胸や首に乗るような中痛み

中痛みは胃酸が逆流する症状で、身体があまりにも多くの胃酸を持っている状態で感じることができる。 胃酸の生成を減らすためには、プロトンポンプ阻害剤(PPIs)を服用しなければならない。 クリニックは、頭痛や腹痛に錠剤を摂取した場合、薬の残留物が食道に残っていないようにするために、必ず水を飲むと強調した。

好酸球性食道炎の原因となることができるいくつかの薬を紹介する。

1.抗生物質(コレラや梅毒の治療薬:ドクシサイクルリンあるいはテトラサイクリン)

2.アスピリン

3.ビスホスホネート(骨粗しょう症)

4.イブプロフェン(月経もしくは片頭痛や関節リウマチ)

5.ナプロキセンナトリウム(痛みを軽減)

6.塩化カリウム

7.キニジン(心臓関連)

好酸球性食道炎は、胃腸病やアレルギー、免疫学、および病理学専門医が診断するのが一般的である。 食道の内部を検査するためには、チューブを挿入する方法である内視鏡検査を介して行う。 あるいは他にも組織を採取する生検がある。

もしアレルギー疾患を患ったアトピー患者の場合であれば、食品や環境アレルギー(花粉、ダニ、カビ、あるいは動物)に関連が深く、特に好酸球性食道炎に脆弱である。 患者の約50〜80%が、このようなアトピーやアレルギー性鼻炎、喘息などのアレルギー疾患を持っている。 この場合、血液検査をはじめとする皮膚端子検査、食品検査を受けなければならない。

治療法としては、通常、PPIを処方するが、患者がこの薬にも反応していない場合は、ブデソニドゥやフルチカゾンのような局所ステロイドを錠剤やスプレー、吸入形式で活用することができる。 この薬は、患者の血流に直接入らないないにきびや睡眠障害、体重増加などの副作用が表示されない。

(出典=ピクサーベイ)

好酸球性食道炎は、しかし、慢性疾患であるため、再発する可能性が濃厚に生涯治療を受けなければなら苦しみがある。 これ医師は、特定の食品を制限する食事療法を推奨したりするのには、痛みを少しでも減らすためには、下記のような特定の食品は避けるべきである。

1.アルコール飲料

2.コーヒーや清涼飲料などのカフェインが含まれた飲料

3.チョコレートやチョコレート含有製品

4.柑橘類:レモン、ライム、グレープ、オレンジ、ザボン

5.ニンニクとタマネギ

6.ミント料理

7.辛く刺激的な食べ物

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!