Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]クラゲ食用に食べることができる研究結果を発表

/
/
/
写真:ピクサーベイ

世界中の海は、地球温暖化の原因で多くのクラゲが発生した。 クラゲは漁師や海水浴を楽しむ観光客の両方にダメージを与える。

このようなクラゲを食用に食べることができるように研究した末にクラゲ料理がデンマークで公開された。

デンマークの生殖研究者は、実際にクラゲを活用して調理しています。 調理方法は、クラゲの軟骨組織が多消えるまで乾燥させた後、ジョンイトジャンよう薄くなっクラゲがまるでポテトチップスのようなカリカリ距離食感を持つように作り出すものである。

サクサクした食感を備えたクラゲは西洋人たちも好きだが、アジアに位置し、加工工場の加工効率も向上させる。

クラゲを乾燥処理させて商品化まで完了するまでに平均で30日から40日がかかる。

知られているところによると、デンマークでクラゲを使った料理を披露するこの生殖研究員は、クラゲの水分を抜くために、アルコールに浸しておく方法を用いた。

これにより、クラゲが完全に水分が抜けた状態になるまでに数日しかかからない、前に説明したのと同じ従来のドライ加工過程に比べて非常に効率的だとすることができる。

アルコールを用いて水分を除去するとわずか数日でクラゲがカリカリながら粉砕なるほど乾燥される。

これを利用し、クラゲを処理するその研究は、このように乾燥されたクラゲが特別な味がナジヌンが味はと述べた。

この研究は、クラゲが生物ではなく、一種のゲルと考えと言ってゲルをアルコールに漬け面ジェルが縮んな特性に着眼してクラゲをアルコールに漬けて説明した。

その結果は、クラゲの体水分がすべて抜け出ゲルと同様に体積が減少したことを発見したと伝えた。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!