Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]コーヒーを飲むことの利点と欠点

/
/
/

国際コーヒー協会(International Coffee Organization)によると、全世界では、毎日16億杯のコーヒーが消費されるという。 また、2006年の調査結果によると、アメリカ人の68%が毎日複数杯のコーヒーを飲むならない。 統計上で示されたように、多くの人々が、コーヒーに依存している。

コーヒーや紅茶、ソフトドリンク、チョコレート、特にエネルギー飲料に含まれているカフェインは、脳血管という壁を越えて、中枢神経系をすぐに刺激し、「突然目を覚ます感」を与える刺激剤の役割をする。 細胞レベルでのカフェインはアデノシンで使用されている感覚受容体を寝入る。 アデノシンは、神経細胞に加えられた過度の刺激のためのフィードバックを脳送る一種の変調器である。 アデノシンが動かず、ロックされてしまうと神経系の細胞が過度に興奮することになるの専門家は説明した。

別の調査によると、カフェインの刺激効果が摂取後15分まで迅速に作用し、最大6時間の間持続することができるとする。

このように、カフェインの刺激効果と持続性が証明され、市場では、カフェインが社会的に受け入れることができる向精神薬へと変貌した。

しかし、コーヒーの人気が高まり、果たしてこれが私たちの体には本当に有益なのかについての議論も後を絶たない。 まるでコインの両面のように、カフェインも長所と短所がある。

コーヒー摂取の利点適切な量のコーヒーを飲むと利点がより一層大きい。 例えば、約300〜400ミリグラムのカフェイン(コーヒー3〜4杯、缶コーラ10本、にヌジドリンク2個分に相当)を毎日摂取すると記憶力と精神機能を向上させ、第2型糖尿病、肝臓癌、口腔と咽喉癌、さらにはパーキンソン病のような深刻な病気を予防するのに有用である。

コーヒー摂取のもう一つの利点は、自殺の危険の減少である。 1日2〜4杯のコーヒーを飲む大人は自殺のリスクが低く、毎日200ミリグラム程度のコーヒーを摂取すると、長期的な記憶力の向上に役立つ。

コーヒー摂取の欠点

コーヒー摂取の利点を読んで、以下杯のコーヒーをもたらすと思ったならちょっと止めてコーヒーの摂取の欠点を認識番だ。 カフェインを過剰摂取すると副作用が生じる。

まず、コーヒーは利尿剤として作用するので、尿の生成を増加させ、これにより、人はトイレによくべきである。 また、脳活動の増加に不安症状が拡大される。 不安や抑うつを患う人は、カフェインのより脆弱である。

一日500〜600ミリグラム以上のカフェを摂取すると、片頭痛や頭痛、不眠、心拍数、神経過敏、不安、腹痛などの副作用を経験することができる。

その中でも最も一般的な副作用がまさに不眠である。 睡眠不足にあざになった精神を覚醒させるためにカフェインを摂取すると、睡眠サイクルが混乱に変わる。 昼間に摂取したカフェインのために夜も寝に入っていないことが起こる。

また、薬物治療中のカフェインを摂取すると、吐き気を引き起こす可能性があり、高血圧、心臓発作、脳卒中などの原因になる。

カフェインの影響は、遺伝子とライフスタイルに応じて、個人差があります。 カフェインに敏感な人々は、コーラを飲んだだけでも、カフェインによる副作用を経る。 一部の人々はコーヒーをぴったり一杯マショトウムも夜に眠ることができない。 コーヒーを楽しむ人たちも、カフェインによる副作用を認知している必要があり、あまりにも多くの量のカフェインを摂取していない。

毎朝ホットコーヒーを楽しみたいのなら、次のヒントを念頭に置くようにしましょう。

習慣を調整する

1.コーヒーの摂取量を記録してください。 コーヒーはもちろん、カフェインが含まれた他の飲料を飲んだ場合、それも記録する。 一日にカフェインの摂取がどの程度かどうか調べてみよう。

2.徐々に減らしなさい。 一日に摂取するカフェインの量があまりにも多いと、減らさない。 しかし、突然、カフェインの摂取量を大幅に減らすむしろよくない。 少しずつ、ゆっくりと体が適応するように、カフェインの量を減らすようにしましょう。 例えば、一日にコーヒーを5杯飲んだ場合、そのうちの一杯を水で置き換えてください。 慣れてくると、その中で2杯を水で置き換えてください。

3.カフェイン抜きのコーヒーを飲んだり、早く抽出したコーヒーを飲みなさい。 カフェイン抜きの飲み物やコーヒーよりもカフェインが少ないお茶を飲むほうがいい。 また、抽出時間が短いコーヒーを飲むようにしましょう。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!