Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]スクワット、ランジ、フランク30日…運動で固める健康体

/
/
/

スクワット、突進、プランクを30日間続けて運動法が人気を集めている。 フランクの場合腕の上部を床に向かって伏せ伸ばした姿勢で支える単純な運動であるが、全身の筋肉をまんべんなく使う。 30日間の激しい運動の世界に入ってみよう。

▲正しいフランク姿勢(出典=ラムステインエアベース)

フランク姿勢

プランクを開始するには、まず基本的な姿勢をとらなければならない。 体を上方向にスライド上げようかのように姿勢をとる。 肩のすぐ下で、肘を使って体をスライドさせて上げ姿勢を維持する。 などをまっすぐにして顎を差し出すする。 この姿勢で腹部を折り返す。 プランクの姿勢を少なくとも20秒で30秒程度維持する。 1分間の休憩を取って、同じ姿勢を3〜5回程度繰り返す。

フランクの効果フランクは、体に有益な影響を与える。 まず筋肉を目的とする運動であるため、腹部を鍛えている。 夢の腹筋を得ようとする場合、プランクの姿勢をして腹部の筋肉を育てることができる。 肩と首の周りの筋肉の柔軟性も向上する。

スクワット

太ももが膝と水平になるまで座った動作で最も基本的な下半身の運動である。 運動部位は太ももに運動が筋肉は大腿四頭ドキドキ、大殿筋、スルグルゴクグンある。

▲フランク姿勢の変形(出典=ピクサーベイ)

突進

代表的な足の動きの一つとして、太ももとお尻の弾力性を与え、下半身筋力を強化する動きである。 自分の体重を利用して実施しても、十分な刺激を感じることができるが、より強い運動効果をしたい場合は、ダンベルやバーベルを利用して、ゆっくりと運動するのが良い。

▲フランク姿勢は2分程度は堪えなければならない(出典=ウィキメディアコモンズ)

一般的なフランク間違い

フランク運動をするときは、適切な呼吸と姿勢が必要である。 プランクをするとき最もよく犯す間違いは、身体の並べ替えが正しくある。 肘、首、背中、足が常に日付で維持されなければならない。 これらのミスはあまり運動効果に影響を与えないかもしれない。 しかし、ミスが繰り返されると怪我や身体的苦痛が続き、姿勢を改善していない。

▲フランクをする人々(出典=ウィキメディアコモンズ)

2分フランクテスト

2分フランクテストは2分間フランク姿勢をしたまま支えるものである。 プランクを2分間できなければ、現在の運動をしていないか、運動をしている覚ませも間違った方法でするものである。 もし運動をしながら、コアの筋肉を正しく介している場合はフランク2分程度は簡単にすることができる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!