Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]パーキンソン病の初期症状は何であり、寿命と治療は?

/
/
/
パーキンソン病の症状は、60歳以上の高齢者人口のでは頻度が高い。 ▲ソース=ピクサーベイ

19世紀末には、疾患を最初に報告された英国人医師ジェームズパーキンソンの名前にちなんで、現在パーキンソン病という名前が付けられた。 1千人に1人の割合で発生することが知られたが、60歳以上の高齢者人口は、より頻度が高く、パーキンソン病は、パーキンソン症候群の神経細胞の損傷が発生する一種類の疾患である。

ドーパミンの生産が低下、脳の運動細胞が損傷される▲出処=ピクサーベイ

◆パーキンソン病とは?

脳のドーパミンを生産するフクセクジルがある。 ここで、ドーパミンは、脳を刺激して動作を正確に作成し、達成感のような補償作用に関与する物質であるが、生産が70%を下回る動き症状が生じ、主に運動を調節する部位の脳細胞が損傷されて表示される疾患で、症状は手ブレ、スローモーション、硬直が表示され引き摺りウォーキング、曲がった司祭が特徴である。

パーキンソン病患者の涙でパーキンソン病の診断▲出処=ピクサーベイ

◆パーキンソン病の診断

先月22日にメディカルエクスプレスが報じた内容によると、米国の南カリフォルニア大学医学部神経科専門医マーク類博士がパーキンソン病患者の涙の中にアルファシヌクレインタンパク質のレベルが一般人より平均423pg / mg(ミリグラムあたりピコグラム)が低いし、アルファシヌクレインが凝集した形態であるオリゴマーアルファシヌクレインレベルが平均1.45ng / mg(ミリグラムあたりナノグラム)で一般人に比べて5倍以上高いと、健常者とは別の方法では大きな違いがあって、涙の中のタンパク質の分析だけでパーキンソン病気の診断が可能である研究結果を発表したという。

パーキンソン病治療薬のために幻覚症状が発生することがあります。 ▲ソース=ピクサーベイ

◆パーキンソン病治療薬

ドーパミンの前駆体であるレボドパ投薬は、パーキンソン病の治療の骨組みが、最近カルビもパラは、薬物を通ってドーパミンを促進させレボドパの効果を向上させる役割をする。 ただし、病気の原因を完全に完治したり、進行を確実に防ぐことはなく、幻覚症状が起こることがあり、使用される薬剤によって起こることがありボトル自体も発生することができる。

健常者とパーキンソン病患者の寿命期間は変わらないがすぐに発見して治療受ける方がいい。 ▲ソース=ピクサーベイ

◆パーキンソン病の寿命

すぐに発見して治療を受けることも良いが、健常者と星変わらない。 近代的な医学と手術療法、力学および補助療法の過程を受ける進行速度を減速生活の質と期待寿命を向上させることができる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!