Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]ヨガをひどくすると、体に有害である

/
/
/
写真出処:ピクサーベイ

ヨガをひどくする気持ちがよく代わりに怪我やケガをすることができると明らかにした。

最近ヨガの調査で回答したヨガのうち約3分の2ほどが背中の痛みや首の痛みを訴えた。

実際に、回答者のうち21%は、ヨガが筋肉や関節の痛みを悪化させ、11%は手、手首、肘、肩などに新たな痛みを誘発させたと答えた。

今回の研究では、唯一の他の体の部位の一般的な痛みだけに焦点を合わせた。 アラバマ大学バーミンガム校の負傷管理センター研究員乗車スウェインは、痛みがどれだけ深刻な問題なのかを判断することができなかったと伝えた。

スウェインは研究とは別に、「ヨガによる痛みが本当に負傷によってではなく、単に筋肉が痛いことができると考えた」と述べた。

続いて「おそらくいくつかのヨガのポーズは、手に汗握る作り、関節が極度に多様に動くので、痛みが生じるのである。 続いて、関節の動きの範囲を過度に超えた場合は、最終的に負傷あうだろう」と付け加えた。

深刻なヨガの負傷と関連研究していたスウェインの研究者は、2001〜2004年に関節が伸びたり、深刻な筋肉の緊張や骨折のために緊急治療室を訪問したアメリカ人が約3万人に達し、その数は増え続けているという点を発見した。

スウェインは「ヨガが負傷の危険性がありますが、人々がヨガすることを防がはならない。 なぜなら、多くの潜在的な利点があるからである」と説明した。

続いて「事実ヨガは、血圧、コレステロール、心拍数、さらにはうつ病と睡眠の問題を下げるような健康の向上と関連がある」と付け加えた。

専門家は「痛みがなければどのような利益も得ることができないというわけでは正しくないので、常に自分の体に耳を傾けなければならない」と助言した。

一方、今回の研究結果は、国際学術誌「ボディワークと運動療法ジャーナル(Journal of Bodywork&Movement Therapies)」を介して発表された。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!