Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]修能受験生経口避妊薬服用方法、事前避妊薬の副作用と事後避妊薬にきび・事後避妊薬の副作用を読む

/
/
/

修学能力試験が目の前に迫ってきた。 受験生が健康管理に入った。 季節の変わり目の風邪の予防は基本である。 t試験期間に受験生の避妊管理も開始時期だ。 ここで、秋の旅行を計画している人、妊娠を望んでいない夫婦なども避妊に興味を入れる。 様々な理由から、経口避妊薬(ピル)の服用を調べるこれらのために「健康に避妊する」知識を調べた。 事前避妊薬と事後避妊薬など避妊薬の種類、緊急避妊薬の副作用と薬に関する粒ぞろい情報だ。

事前避妊薬ボクヨク方法と事前避妊薬の副作用

来月生理を防ぐために、あるいは関係前妊娠を避けるために、事前避妊薬がいい。 受験生、旅行の計画を立てたこれら、妊娠を避けようとする新婚夫婦など、事前避妊薬服用する人々が相当である。 事前避妊薬服用方法は、月経が始まった日から5日以内に食べるのがいい。 量は、毎日一粒。 もし忘れてしまって、一日薬を飲まなかった場合、12時間内に二卵を食べるならない。 二日以上前の経口避妊薬を釘食べたら避妊の失敗率が高い。 事前避妊薬の副作用は、吐き気、体が腫れる症状は、経口避妊薬にきび、うつ病などが挙げられる。 経口避妊薬を食べて切断場合には、通常2〜3日後、生理が始まる。

「緊急避妊薬」事後避妊薬の種類、緊急避妊薬服用方法と緊急避妊薬の副作用

関係後避妊の方法で緊急避妊薬が挙げられる。 事前避妊薬よりもホルモンの含有量が10倍に達する。 医師の緊急避妊薬処方があってこその緊急避妊薬を購入することができる。 緊急避妊薬は関係後72時間以内に食べなければならない。 一部では、24時間以内に食べなければ確実な避妊効果を見ると伝える。 24時間以内に服用すると、避妊成功率は95%、48時間以内に85%、72時間以内に58%である。 72時間後の緊急避妊薬服用は、大きな意味がないという。 緊急避妊薬は、体内のホルモン濃度を急激に増加させて着想を妨害する。 このような危険性のせいで否定子宮出血、排卵障害、避妊薬、にきびなどの緊急避妊薬の副作用の原因となることができる。

経口避妊薬と関連した真実と嘘

安全な避妊薬を見つける人々が多い。 それほど経口避妊薬の関連情報があふれているという意味だ。 例えば「経口避妊薬2日以内に服用しなければならない」などの経口避妊薬服用時期に関する言葉がある。 いくつかは、当たっ一部は間違っている。 事前避妊薬の場合には、該当しないことだ。 ただし、緊急避妊薬を食べに関係し、2日以内に服用しなければなら避妊成功率を高めることができる。 また、「避妊薬にきび」の情報もある。 ホルモン薬であるだけに避妊薬は、にきびの原因となることはできる。 事前避妊薬服用後の月経周期を訪れたか、にきびが多少入った後期もある。 個人の体質、体調などに応じて経口避妊薬の副作用も違う。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!