Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]児童予防接種のための「ワンショットワクチン」の開発中

/
/
/
▲ソース= Flickrの

マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology、以下MIT)の研究チームがジフテリア、破傷風、はしか、肺炎ワクチンなどを含む児童の予防接種を一度に提供することができる技術を開発することにより、病院訪問回数を大幅に削減することができ見込みだ。

このワンショットワクチンは、微細なカプセルに包装されており、決められた時間に放出されるように設計された小型コーヒーカップと似ている。 このコーヒーカップのデザインのカプセルは、適切な時期にワクチンを放出するのに非常に重要な役割を果たしている。

MITのロバート・ランガー教授は、「この技術は、発展途上国の患者に重大な影響を与えることができる」と述べた。

この新技術は、まだ人を対象に実証されていないがワンショットソリューションは、マウスの標本で動作することが確認された。

した実験を通じてワクチンが9時に注入された後、それぞれ9日、20日、41日にカプセルの中の内容物が正確に放出されることが証明された。 研究者は、注射後100日間維持可能なワクチン粒子を開発中である。

ランガー教授は、「正確で予測可能な時間に放出されるようにプログラムされた小さなワクチン粒子のライブラリを作成することができる。 これから一回の注射で多くの病気を予防することができるだろう」と説明した。

この革新的な技術は、時間の経過とともに薬をゆっくりと放出する以前の試みとは全く違う。 ワンショットワクチンの概念は、迅速かつ正確にワクチンが放出されるようにする免疫予防接種と類似している。

共同研究であるケビン・マクヒュー博士は「発展途上国では、ワクチン接種を受けないか、またはすべてのワクチンを一度に接種することのどちらかになることもある」と付け加えた。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!