Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]冬の代表的な呼吸器疾患、「喘息」予防方法は?

/
/
/
▲ソース= Flickrの

続いた寒波がそろそろ終わる形だ。 これまで零下10度を行き来する寒さに苦しんだ呼吸器も短い休憩を得ることになった。 しかし、寒さに加えて、呼吸器を脅かす要素はまだたくさん残っている。 冬特有の乾燥した空気はもちろんのこと、すぐに訪れる微細粉塵も心配だ。 この「乾燥」と「微細粉塵」は、気管支や肺の粘膜に損傷を与え、ウイルスの感染に脆弱にする。

だからといって心配だけしながら家の中に留まることはできない。 これの代表的な呼吸器疾患である喘息の症状と予防法を見ながら健康」息」のための方法について説明してみよう。

喘息の原因と症状は?

アメリカの健康医学ポータルWeb MDは、喘息のための “気管支に炎症が生じることが特徴であり、べたつく痰が生成される」と説明した。 喘息にかかる祈りが狭くなって、炎症が生じ粘液性痰が多く分泌される。 喘息の症状としては、特に夜に咳を頻繁に、またはくしゃみをする。 また、胸部圧迫や胸の痛みが生じ、呼吸が力が入って「喘鳴」音を出すこともある。

しかし、喘息患者の中には、これらの症状が表示されない人もいる。 ウェブMDは「喘息は、発症に応じて、症状が弱いか真剣に表示される場合がある」と伝えた。 喘息を患っているが、症状が長く表示されない場合は、喘息の発作を経験した瞬間の症状が悪化することができる。 一方、毎日のように喘息の発作に苦しんでいる人たちもいる。 運動をしているとき、または風邪のようなウイルスに感染した時も、喘息の発作に苦しむ人々もいる。

ウェブMDは「軽い喘息の発作は、通常発生する方であり、祈りが数分ないし数時間の間に行われる喘息の種類」と説明した。 続いて「一方、重度の喘息の発作が長時間続く場合、医学的な治療が必要である」と付け加えた。 喘息患者は、軽度の喘息の症状を知っている必要があり、喘息の症状が深刻になることを予防し、自分の健康上の問題をよく解決することができる。

ウェブMDは「初期症状は、喘息が発症する前、または発症する直前に起こる変化を言う」と伝えた。 初期症状が現れても、人々は日常の活動をするために支障なく、初期症状をすぐに気づく場合、喘息の発症を事前に予防することができる。 初期症状は、特に夜に咳を頻繁にして、呼吸困難や力抜けの症状そして運動後の咳をしたり、息をするとき「喘鳴」音を出す。 風邪やアレルギーの症状が表示されることがあり、睡眠を深く寝ない。

予防と治療法

症状を事前に把握すれば十分喘息を予防することができる。 喘息患者は、初期症状が現れた場合には、病院を訪問して、喘息の原因を治療して処方された薬を食べるとされる。

喘息を予防するために、喘息誘発要因とアレルギーを引き起こす化学物質を避けるべきである。 喘息患者は、空気清浄機を利用して大気中のカビ、花粉、ほこりおよび他のアレルギー物質を除去しなければならない。 加湿器を使用するのも良い方法である。 加湿器は水蒸気を放出して、空気をしっとりと作ってくれるので、喘息の症状を緩和させるために有用である。 しかし、カビが生じないように加湿器をきれいにしてくれるとする。

また、喘息患者は、免疫第療法次元でアレルギー注射をもいい。 喘息の原因となることができる、アレルギー誘発抗原がいくつかある。 免疫第治療法は、人間の免疫システムを変えるのに役立つされ、身体が特定のアレルギー誘発抗原に敏感に反応するようにしてくれる。

最後に、薬物治療を受ける方法がある。 喘息の発作を予防するために毎日服用しなければなら薬があり、発作が起きた場合でも、症状を緩和させるための薬物がある。 喘息の薬では吸入液、錠剤、液体薬物または注射器などがある。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!