Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]前兆症状がなく、訪ねてくる腹部大動脈瘤…健康的な生活習慣を持つことが重要で

/
/
/

腹部大動脈瘤は腹部の最大の血管である大動脈が通常より50%以上増え風船のように膨らんだ病気である。 大動脈瘤は、ゆっくりと数年に渡って行われるため、どのような症状を感じない場合がほとんどである。 もし進行が非常に速い場合の動脈壁が破れてぽんとしたり、血が血管壁から漏れ出てくることもある。

腹部大動脈とは?

腹部の大動脈は倍、骨盤、脚にドンメクピを送る血管である。 通常の腹部大動脈の直径は2〜2.5cm程度である通常3cm以上に増加すると、腹部大動脈瘤と診断する。

腹部大動脈瘤の症状は?

腹部大動脈は、通常、症状がなく、成長する。 一部の患者はすぐに成長するが、通常は、少しずつ成長するため、大動脈の動きを予測しにくくする。 一部の場合には、大動脈が破裂されない。 大動脈が破裂すると、腹部膨満、腹部の脈動、出血によるショックのような症状が現れる。 大動脈が破裂した漢字のうち半分が病院に到着する前に死亡する。

腹部大動脈瘤の原因は?

腹部大動脈瘤の最も一般的な原因は、動脈硬化症である。 動脈硬化症は、大動脈壁を弱体化させる。 まれに、感染症、結体組織疾患、炎症性の原因は、外傷などにより生じることもあり原因が不明確な場合もある。 腹部大動脈瘤の危険因子は、喫煙、高血圧、高脂血症、男性、飲酒、肥満などである。

腹部大動脈瘤の治療方法は?

腹部大動脈瘤が発見された場合の治療方法は、動脈瘤の大きさに応じて変わる。 通常の大動脈は、男性の場合1.7cm、女性の場合1.5cmである。 発見された動脈瘤が3cmよりも小さい場合、後続の超音波検査が必要ない。

3〜4cmの大きさの動脈瘤は、1年に一度の検査を受けて拡大していることを観察しなければならない。 動脈瘤が4〜4.5cmである場合、6ヶ月毎に監視しなければならない。 4.5cm以上の場合、すぐに手術をしなければならない。

腹部大動脈瘤の診断

腹部のコンピュータ断層撮影は、最も正確であり、そのほかにも、腹部超音波、MRI、血管造影で診断することもある。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!