Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]坐骨神経痛の症状と治療…ストレッチが助けますが、痛みあれば停止しなければして

/
/
/

坐骨神経痛は、坐骨神経に発生した出版物、損傷、炎症などが原因で坐骨神経に関連する部位に沿って表示される痛みをいう。 坐骨神経に関連する痛みは、お尻のから下に大腿部と足まで痛みがあることができ、足と足の指の痛みを伴うこともできる。

坐骨神経痛の理解

坐骨神経痛は、生涯有病率が13〜40%程度のものと報告されている。 20代前の年齢ではほとんどありませんが年齢が高いほど発生率が増加して、40代で最も多く、50代以降の頻度が減少することが知られている。

坐骨神経痛の原因

直接圧力や炎症が原因で坐骨神経が炎症を起こしたり、負傷をもたらす坐骨神経痛が発生する。 炎症を除いて、刺激を伴う原因としては、腫瘍、感染症、内出血がある。 脊椎管狭窄症、変性椎間板疾患、脊椎側弯症も坐骨神経痛を起こす。

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状はすぐに表示され、腰回りが麻痺したような感じや燃えるような感じがする。 痛みが腰ではなく、ヒップ周りから来ている場合もある。

腰の下の部分に痛みが感じられない場合もある。 坐骨神経痛が深刻になれば姿勢を変えヌウムこと、症状が多少緩和される。 時には痛みと麻酔のために治療を受けるまで歩くことができない時もある。

坐骨神経痛の診断

坐骨神経痛を診断するためには、身体検査を行います。 この検査で負傷部位を推定する。

坐骨神経痛を診断するためにX線、MRI、CT、スキャンなどの検査を行うこともありEMGのような画像検査をすることもある。

坐骨神経痛の運動療法

痛みを軽減するためにすることができる運動療法技法がある。 鳩のポーズ(足を先にずっと伸びたまま床に座る)と横に動くのは、お尻と背中の痛みを軽減する。 など太ももを伸ばすことは、身体の他の部位で感じられる痛みを軽減する。

このような運動をすることは気持ちを良くする。 この運動は、坐骨神経痛のために生じるストレスを緩和するためのものである。 痛みがおさまらず、悪化と感じたら運動を即刻中断しなければならない。

安静の効果

パトリックボメン博士が実施した調査によると、睡眠をとる患者の回復時間と日常生活を継続する患者の回復時間に大きな差がないことが分かった。 全体的な状態の改善だけでなく、痛みの減少もテストされた両方のグループで同じだった。 したがって、医師の承認があるし、手術後にも休息をろ過し、毎日の活動を継続することが良い。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!