Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]夏の招かれざる客」日本脳炎」の症状と検査方法と予防接種

/
/
/

日本脳炎(Japanese encephalitis)は、日本脳炎ウイルスに感染した小さな赤い家蚊(日本脳炎蚊)が人をかむの過程で体に感染して発生する急性ウイルス感染症をいう。 第2種法定伝染病であり、他のウイルスによる脳炎と区別しにくいという特性がある。 日本脳炎に対する特異的な治療法はまだ開発されておらず、日本脳炎に感染されることで表示される呼吸障害と循環障害、細菌感染には症状緩和治療が必要である。

日本脳炎検査

日本脳炎ウイルス感染の検査のために血液、脳脊髄液などの検体をベロ細胞に接種して観察するウイルス分離検査をして、血清学的検査を行う。 そしてウイルス遺伝子検査を通じて日本脳炎ウイルスに特異的な遺伝子を検出した場合、陽性と判定する。

日本脳炎の症状

脳炎蚊に噛ま突然38〜39℃の高熱をツイミョ激しい頭痛が起こり、吐き気が起き嘔吐が伴う。 年齢が若い人は腹痛や下痢などの消化器症状も起こる場合が多い。 日本脳炎の症状は、最初に風邪似た症状を示すか熱が高まり、40℃前後の体温に多異なり、意識の混濁やでたらめ、顔面痙攣、手足のけいれんが起こり始めている。 脳炎蚊症状の節目は発症後4日で一週間程度であり、この時期を過ぎると熱がますます降り始めて回復が行われますが合併症のために心筋炎や肺炎が起こることがあります。

後遺症が発生することがあり、数週間、数ヶ月間の期間にわたって、音声が低く単調たり、物忘れが起こることがあります。 重症日本脳炎の場合には、手足の剛性麻痺が一生残り、、性格異常や低能、認知症などの症状も残ることができる。 幼児や小児の脳炎蚊症状は回復しにくく、大人の場合には、重症でも半年程度の時間が経過する回復された場合もある。 日本脳炎の予防接種

日本脳炎ウイルスの予防法は、過労や睡眠不足を避け、蚊をなくし、蚊がない環境で過ごすのが良い。 副作用がほとんど発生しない日本脳炎の予防接種が、効力が発生するまでには1ヶ月程度の期間がかかり、日本脳炎の予防接種の有効期間は、約半年ほど毎年5月から6月頃に接種するのがよい。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!