Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]子宮頸がんワクチンのすべてについて

/
/
/
(出典= 123 RF)

子宮頸がんは、一般的にパピローマウイルス感染と関連があり、この感染症は、一般的に避妊されていない性交、喫煙と避妊薬の使用を介して送信される。 また、この疾患は、子宮拡張症と呼ばれる状態である子宮頸部細胞の異常増殖の原因となることができる。

子宮頸がんの一般的な症状としては、異常な膣からの出血や分泌、性交時の痛み、閉経後の出血、骨盤の痛みなどがある。 この状態は、子宮頸部の検査や頚部組織サンプルが必要な他の医療処置を介して発見されることができる。 一方、子宮頸がんの一般的な治療方法には、放射線療法、化学療法、または手術が含まれる。

▲子宮予防接種ワクチン(出典= 123 RF)

子宮がんの予防接種

特定のワクチンは、癌を誘発する子宮頸部感染を防止することを目的とするが、一般的に「ディア室」として知られるワクチンの種類中にある。

研究によると、ガーディナー実は4つのタイプの一般的なHPV感染を予防するために非常に有効であることが明らかになった。 ガーダシル(Gardasil)のバージョンであるガーダシル9(Gardasil 9)は、最大9つのHPVタイプに対する免疫力を提供するという。

病気の予防と予防センター(Center for Disease Control and Prevention)は、ワクチンを接種することが最も良い年齢は11歳で、すでに子供女性にもワクチン接種を推奨している。 同様に、13歳から26歳の間の若い女性たちが、彼らはより若いときどのような種類であれ、予防をしていなかった場合、ワクチンを迎えることを勧告する。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!