Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]心の風邪がインフルエンザになる前に…うつ病の初期症状・克服方法・治療方法を学ぶ

/
/
/

うつ病患者が増え続けている。 うつ病の初期段階に適切に処理しなければ、社会生活が困難になったり、極端な選択までできる。 うつ病の初期症状が感じられたら、うつ病自己診断を介して自己点検することができる。 うつ病者診断法をはじめ、うつ病克服方法から治療方法まで、すべてを知ってみましょう。

うつ病の初期症状

うつ病の初期症状としては、継続的な憂鬱感、集中力の低下、不眠などの睡眠障害、日常生活機能の低下、自殺の繰り返し考えなどがある。 うつ病にかかると友達と会っても楽しくない、普段の楽しんでいた趣味のにも興味を失う。 そして、この憂鬱感が続くような気がする。 うつ病の初期症状がすべて「私の話だ」たいうつ病自己診断テストで、うつ病のステップをチェックしてみた方が良い。

うつ病者診断法

次の質問は、CES-D尺度質問である。 うつ病の検査で多く使われているうつ病者診断法である。 過去1週間に感じ行動したことを考えて診断してみよう。

1普段は平気なかったことが辛く気感じられた。

2食べたくなかった。 (食欲がなかった。)

3家族や友人が助けて与えても憂鬱な気分を振り払うことができなかった。

4他の人ほど能力があると感じた。

5何をしても、精神を集中するのが大変だった。

6落ち込んでいた。

7仕事に苦労感じられた。

8未来について希望的だと感じた。

9私の人生は失敗作という気がした。

10恐怖を感じた。

11睡眠をソルチョトダ(睡眠をよく成し遂げられなかった)。

12幸せだった。

13いつもより話を少なくした。(口数が減った。)

14世一人でいるような寂しさを感じた。

15人が私に冷たく接するように見えた。

16生活が楽しかった。

17突然泣きが出た。

18悲しみを感じた。

19人々が私を嫌うようだった。

20まったく何を始める元気が出なかった。

うつ病克服方法

うつ病の初期であり、病院に行く躊躇ジンダミョン優先うつ病克服方法を実践してみよう。 うつ病克服方法では、肯定的な思考、運動する習慣、日記を書く、読書などがある。 規則的均衡的な食習慣を持つことも有用である。 うつ病に良い食べ物を摂取するのも一つの方法である。 私たちがよく食べる食べ物タマネギの効能もうつ病の薬同様の効能がある。 タマネギに含まれるケルセチンの成分は、不安と憂鬱感を減少させる。 避けるべき食べ物もある。 アルコールは、うつ病の治療の的なので今週するのが良い。 しかし、うつ病を克服する方法の実践が難しく、2週間以上憂鬱感が続けば、病院を訪問しなければならない。

うつ病の治療方法

うつ病の症状が深刻な場合は、ためらうことなく、病院を訪問しなければならない。 うつ病の治療法としては、精神治療と薬物治療がある。 うつ病の初期には、相談だけでうつ病の治療がされますが中等度以上の抑うつの場合、薬物治療が伴わなければならない。 うつ病の薬を服用すると、うつ病の治療に大きな助けになる。 うつ病薬、抗うつ薬は、感情や行動を制御する神経伝達物質セロトニンの機能を活性化する。 副作用もほとんどないことが分かった。 ただし、抗うつ薬を服用するときは、医師が指示した用法、用量、期間を正確に守らなければならない。 主治医と相談せずに勝手に容量を調整したり、服用を中止するとはならない。 うつ病の治療を受ける間、うつ病患者の家族の役割も非常に重要である。 うつ病患者が薬を着実に満員食べうつ病の治療を最後まで受けられるように横から支持してくれて助けなければならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!