Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]心臓疾患のための滑らかなロボット開発

/
/
/

心臓病患者がより健康で長く生きていけるように柔らかい素材でできた心臓を包む形のスリーブロボットが開発された。

柔らかい素材でできたスリーブのロボットは、血液との直接接触がなくても、心臓の機能が停止され、機能していない心臓血管機能を回復させる。

このため、心拍数の同期して動作する。 このように、心臓に付着するロボットを使用することで、血液凝固のリスクと血液を薄くしてくれる薬の服用を減らすことができる。

ジョンエルロエプ(John L. Loeb)SEASの工学応用科学准教授であるコーナーウォルシュ(Conor Walsh)は「今回の研究は、ロボットが、心臓の柔らかい組織と安全にやり取りすることができ、心臓機能の改善をもたらすことができるという結果をた。 今後、身体内・外部からの治療可能な他の多くのロボットが出現することを期待する」と述べた。

心臓発作に苦しむ人口は、世界的に4100万人に達している。 現在として心臓機能停止を治すことができる方法としては、心室補助装置という機械ポンプが利用するものである。

この装置は、心室の血液を大動脈に噴出くれ心臓機能停止の治療には、心臓移植が、別の選択になることができる。

このすべての方法の別の方法として、心臓スリーブロボットが開発された。

スリーブロボットは、ユーザーの状態に応じてアクチュエータの圧力を調整することができる機能を含む、ユーザーが望むのでカスタマイズすることができる機能も備えている。

スリーブロボットは吸引装置、縫合やゲルを用いた取付方法を利用して、心臓に取り付けられる。

心臓を包む小売形態のロボットが人間に移植することができるかどうかについての研究が続けられており、当該技術の実現可能性は意見が良いと予想される。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!