Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]歯の健康の秘訣は、適切学ぶ「正しい歯磨き方法」

/
/
/
うがいは、最も簡単に歯の健康を保つことができる方法である▲出処=ピクサーベイ

かみ砕いて、はがし、味わい楽しむ楽しみがない場合、人生は本当に寂しいなるかもしれない。 それほど歯は生活の質的な面で非常に重要な要素の一つである。 さらに、歯が一度間違っている場合、数十万ウォンに達する神経治療から百万ウォンが行き来するインプラントまで膨大な費用が消費される。 家計にも少なくない負担だ。

1日3分、3回、食後3分以内という333のルールを守らなければなら▲出処=ピクサーベイ

このように多くの費用と生活の質を奪っていく歯科治療を避けるためには、今持っている歯を健康に守って出すようにしなければならない。 定期的に歯科検診を受けて、一日に3回、3分以上、食後3分以内という「333」のルールを守ることである。 うがいこそ歯を守る最も現実的な対策である。

しかし、正しく歯磨きをしないと、うがいをしないするよりだけない状況になることがあります。 歯を保つことができる適切な歯磨き方法は何だろうか?

疾患と状態に応じて異なり、様々な歯を磨く方法

うがいをよくしても虫歯や歯周病に苦しむ人々の最大の問題で疑って見ることができるのは、やはりうがいの方向と強さだ。 まず、歯ブラシを動かす方向である。 横に摩擦方法ではなく、上下に動く方法が歯の間のかすを除去するために、より有効である。 また、あまりにも強くうがいをしてみると歯茎と歯の間の境界がファイルことができ、歯冷えるようにすることができる。

歯の状態に応じて、歯ブラシをさまざまな方法で使用することができる▲出処=ピクサーベイ

歯を磨くの方法にもいくつかの種類がある最も基本的回転法がある。 平行または45度傾けて歯茎と歯の間に密着させた後、手首を回しながら上下方向に拭いてくれる。 掃引降りたように磨くことがポイントだ。 食べ物を噛む面は、歯ブラシを動かして短く振動を与えながら拭く。

より細かい方法では、バス法がある。 歯の側面にチトソルモを平衡に向かってチトソルモ二、三行だけ45度の角度で歯茎を覆うようにする。 その歯茎隙にチトソルモ二3行が入るし、約10秒間の短い振動を与える方法である。 バス法は歯茎の境界の異物を抜くことに有効である。

幼児や子供たちには、簡単な洗浄法やポン酢法が適している▲出処=ピクサーベイ

また、歯ブラシを歯面に直角にあてて前後方向に微細な振動を10回程度与えるスクラブ法、これを閉じた状態で、小さな円形を描きながら歯を拭き取るポン酢法がある。 スクラブ法とポン酢法はブラッシングが苦手な子供たちに良い方法である。 しかし、歯周病があるか歯茎がたくさん下がっている成人たちには正しい歯磨きの方法ではない。

他にもチトソルモを歯茎から根に向かって45度の角度で当てて少しの前後振動と一緒に歯ブラシを徐々に歯の頭に向かって移動させる変形スチール万法、チトソルモ端が歯の頭の方を向いて、45度の角度で位置させた後、各部位10〜15秒の間かつ正確に振りながら磨くちゃトボプなどがある。 変形スチールだけ法は歯垢除去や歯茎のマッサージ効果があり、チャス法は、露出した歯の根を磨く効果がある。

自分に合った正しい歯磨き方法を選択する必要が

このように多くの歯を磨く方法があるが、本人に適したうがいを選択することは容易ではない。 一番良い方法は、歯科医を訪問して、医師や歯科衛生士に自分に務める正しい歯磨き方法を提案されるものである。 電動歯ブラシは、歯垢には効果的ですがチトソルモが届くことができる場所が限ら的で、歯に密着させると、歯茎と歯が破損することがあるという点を考慮しなければならない。

歯科医師との適切な正しい歯磨き方法の適切な相談をするのがいい▲出処=ピクサーベイ

正しい歯磨きの方法と一緒に重要なのは、周囲の環境を整備するものである。 チトソルモを選ぶときには、あまりにも大きく、硬いものではなく、小さくて柔らかいのが良い。 歯茎のマッサージ効果を期待すると、あまりにも大きく、硬い歯ブラシを書いてみると、むしろ歯茎を傷つけすることもありますので、歯周病がある方は、注意しなければならない。 歯ブラシは使用後、2〜3ヶ月になると、変えなければなり、歯磨き粉はフッ素成分が入ったものを使用するのが良い。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!