Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]現代人の自己管理、ジャグジーやスパで解決?…それ以上の意味

/
/
/

今誰も通常の話する「セルフケア(Self-care)」。 自己管理とも呼ばれている。 セルフケアという概念はどこでも使用できる一般的な用語がなって久しい。

これ、インターネット上でその人気を確認することができる。 グーグルでは、セルフケア単語検索が既に二倍以上増加した状態と、インスタグラムでもこの単語を検索すると、500万件以上の結果を得ることができる。 一緒にウェルネス(Wellness)に関連する関心増加している。 ウェルネスは、ウェルネス(Welling)と健康(Fitness)という言葉の合成語で、メディア媒体テッククランチは1年ぶりに、iTunesとAndroid内ウェルネス関連上位10位アプリの売上がなんと170%増加したと報道した。

このように、絶えず進歩し、人々の関心を引くの自己管理。 最近、現代人は忙しい仕事のスケジュールにもかかわらず旅に出趣味をして仕事と生活とのバランスをとることを重要視する。 これはすぐにバーンアウトを引き起こす可能性がありますが、これは自己管理の人気が高まる要素として作用する。 これ専門家は、自己管理という概念がただサウナを楽しんでヨガのクラスを受ける活動以上にならなければならないと助言する。

自己管理

自分のために投資することを贅沢に認識する人々がいるが、これは自己管理という概念の根拠をよく知らずにいるからだ。 世界保健機関(WHO)は、自己管理を、健康を確立し、維持し、病気の予防を扱うための活動と定義した。 オンラインメディアのハフィントン・ポストは、物理的、感情的、そして心理的な幸福を向上させることができる活動とみなされ、その範囲をより拡大させた。

現代社会で来るほどこの概念は、進化を繰り返して広い範囲で広がっている。 例えば、最初に医師が高齢者や病気の患者の継続的な自律性を説明するために使用された。 しかし、60年代に入って徐々に政治的な意味を意味し始めたが、市民や女性運動家たちが自分たちの無視された身体的、精神的、感情的なニーズを代弁するために使用されたもの。 最近になっては専門家が、多くの場合、現代の慢性病であるバーンアウトと疲労感を克服することができる方法を説明するために活用される。

一部の少数のグループでは、この用語を「自己保全あるいは自己保護(self-preservation)」に変えて使用することもある。 典型的な白人中心の概念から脱して自分たちだけの一意を加味したものである。 例えば、健康ジュースバー運営し、地域社会を取り巻く健康問題を懸念するものである。 最終的には、以下の豊かな人々が、現在の政治環境で自分自身を保存して、よりよく戦うことができるようにオプションを提供するという意味が込められている。

とにかくセルフケア、すなわち自己管理という概念は非常に包括的でありながら、境界がないという特徴がある。 しかし、一つだけ確かなことは、セルフケアというのは、各個人が考えて適用する活動などがある異なるため、自分に効果があるとして南にも同じ効果が作用するという意味ではないということだ。 スパや泡風呂だけがセルフケアの全部と信じることもありますが、他の人には、より幅の広い余暇活動まで含めることができる。

バッファロー大学のリサバトラー社会福祉教授は自己管理がバーンアウトや否定的な影響を防止するそれ以上の意味があると述べた。 すぐに身体的、精神的な幸福感をもたらす幸福の強化とこれを支持すること。 これに関連費用を投資しない、自分は十分こなせる自己管理方法を紹介する。

▲ヨガは効果的な自己管理方法である(出典=ピクサーベイ)

自己管理に役立つ、各領域

*物理的領域

基本に戻ることが最も重要であると言うように、物理的な点検を通じて最も基本的な健康を維持することは非常に重要である。 たとえば、特定の時間に睡眠をとるとか不健康な食品を食べていないことなどである。 これらのものは守るも非常に簡単なだけでなく、体と精神的健康にも責任を果たすことができる適切な活動である。

*専門領域

今日の現代人は絶えず動いて忙しい世界で過負荷された仕事量に苦しむ。 バトラーは自分に与えられた責任はジニーられ、同時に自分自身に生産的な休憩時間を持つようにして、エネルギーを生成することが重要であると強調した。 また、業務の妨げにならない線での自由時間を持ってレクリエーション活動をすることも大きな助けになることができる。

*人間の相互作用領域

家族や友人、職場の同僚や見知らぬ人とのすべての相互作用は、社会を構成すると同時に、人間の生活に重要な影響を与える要因である。 もちろんセルフケアのアプローチは、各個人差がありますが、すべてのことを一人で行う必要はない。 愛する人と一緒にすることができる時間を設けることは、自分の健康にも大きな助けになるという事実を覚えておかなければならない。

*感情的な領域

バトラーは肯定的な影響を増幅させて負の影響は、記録をして健康を促進することが良いと助言した。 感情と対応に適切に適用することができる独自の方法で幸福感を強化しなければならない。

*精神的な領域

やや不思議に聞こえることがありますが、いろいろな種類の大忙し現実の世界だけにとどまるよりも、時には広大な未知の宇宙の世界への関心を向けることも有効である。 より大きな世界との関係を構築して、心を精一杯開けると、現在の自分が属している地球で行われる日大したことではない気がするようになる。

*心理領域

バトラーは、この心理的な側面が自己管理の最も重要な原則を強調する領域と説明した。 すぐに瞑想や正しい心得を持つこと。 すべてが大忙し自分の世界では些細なことにも心理的に閉じ込められる場合が発生することになる。 現在の生活と着実に接続を維持しながら、自己省察をして周りの人の感情を反映するのは、真の自己管理に非常に有益に作用することができる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!