Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]疲れた日常に「バーンアウト」された現代人、無気力を克服する方法

/
/
/
▲ソース=ピクサーベイ

頻繁夜勤と会食にやつれ週末もすべてのことに無気力になり、疲れが消えていない場合。 まさに「バーンアウト(Burn out)症候群」である。 仕事に誇りに強く、達成感が高く、「すべてのことに自信がある」と話したと、すでに心身のエネルギーはすべて排出され陣抜け状態だ。 現代人の慢性疲労症候群であるバーンアウトの原因と症状、解決策を見てみましょう。

バーンアウト症候群

2016年の精神医学専門誌の世界精神科学(World Psychiatry)に発表された研究によると、バーンアウト症候群は、職場で経験する慢性対人関係のストレス要因に長期間さらされて表示される心理的な状態として定義される。 この症候群を患っている人が見える最も一般的な反応では、過剰な疲労感と無力感、退屈したり、冷笑的な感じ、達成感の不足などがある。

当時の論文を発表した心理学者クリスティーナ枚スラック(Christina Maslach)とマイケル・ライター(Michael Leiter)は、人々がバーンアウト症候群に起因社会的状況でのストレスを経験することになると説明した。 これは、自分自身を含め、他の人が社会的な観点からどのようにお互いを認識し、それに対する反応を見せるのかどうかなど、さまざまな要素が混在され表示される。 バーンアウト症候群の一般的な症状は以下の通りである。

1.慢性疲労

一度精神的にあるいは肉体的に疲れが寄せられた場合、これは、バーンアウト症候群の初期段階だ。 この時期に、ほとんどの人は、疲労感を感じたり、自分が注ぐことができる生産的なエネルギーが不足していると感じるようになる。 以後心身が枯渇されて、それこそ陣抜ける状況を経験することになるが、これはややもすると、将来への不安にまで広がることができる。

2.不眠症

疲労が押し寄せてくるとしばらく睡眠をきちんと眠れない状況も経験されるが、この期間が続く場合は、疲れに関係なく、ベッドに入っても、簡単に眠りに落ちることができなくなる。

3.集中力の低下や物忘れ

何かに集中することができなくなり、軽い物忘れも来ることができる。 これは、最終的に業務にも影響を与えるために、例えば積もっていくことをなかなか終わらない状況である。

4.病気の増加

エネルギーが抜け疲れながら無気力になったら、免疫システムも弱くなりがちである。 これ風邪やインフルエンザ、感染症などの免疫に関連する健康上の問題を引き起こすことができる。

▲ソース=ピクシー語

5.身体的症状

身体に表示される最も一般的な症状は、心臓がドキドキしたり、胃の痛みなどである。 また、頭痛やめまい、失神、呼吸困難などの信号も表示される。

6.不安

心理的には、不安や心配、張力などの症状を示すことができ、症候群が持続的に進行されると、生産的に仕事をしたり、能力を発揮する上で重大な支障をきたすことができる。

7.うつ病

自分が正しく業務を行うできないと感じるようになると絶望的になって価値のない感じと罪悪感まで持つことができる。 これは、初期の段階で現れ、長いが、状態が深刻になる場合急激に落ち込んで抜けることができる。 自分の存在がかえってないのが低いと思われる段階まで来ること。 この場合は、必ず専門家の助けを借りて、症状を克服しなければならない。

8.食欲減少

食事をとばすことを超えて、最初から食べ必要性を感じないこともある。 すぐに空腹を感じないはずなのに、症状が続く場合は、体重減少につながる。

9.怒り

対人関係でしきりに緊張になって過敏反応を起こすことも注意しなければならない。 以後、職場でも、自宅でも深刻な論争と怒りを示すことができ、下手すると同僚や家族に暴力を振るう可能性もあり、すぐに専門家と相談しながら、心の中の怒りを軽減させなければならない。

▲ソース=ピクシー語

再び活発に

このように、バーンアウト症候群の症状を経験していても、いつでも戻って活気のエネルギーがいっぱいになった自分の姿に戻ってくることができる。 心理学者が勧める次のいくつかの方法を利用してみよう。

1.不安と不満、無力、ストレスを誘発させるすべての状況のリストを存分に作成し、自らの感情を表現してみましょう。

2.以降はこのような状況を変えたり、ストレスを減らし、健康な日常を開始する方法を書いてみること。

3.重く感じることができる、新しい責任や約束などを避け、必要な場合は、「いいえ」と言うことができる方法を学ぶことも重要である。

4.時間がかかるプロジェクトや業務も避けなければならない。 代わりに、体と心を回復させることができる機会を見つけるのが良い。 まさにリラックスある。

5.他の専門家のグループや業務外的社会の集まりに積極的に参加すると、新しいアイデアや新しい視点など全く知らなかった新しいものを発見することができるようになる。

6.自分を助けることができる支援団体を探すのも良い方法である。 症候群を治療する専門的な治療団体である必要はない。 自分のメンターになることができるかの友人を作ることができる人と一緒にことが重要である。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!