Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[健康]突然疲れて太ると、「クッシング症候群」疑って見なければなら

/
/
/
いきなり太っ疲れたなら、クッシング症候群を疑って見る必要もある▲出処=ペックセルス

1932年にアメリカのホビークッシング博士によって発見されたクッシング症候群もしくはクッシング症候群は、副腎皮質から糖質コルチコイドが慢性的に過剰に分泌されて表示される疾患をいう。 このようにすると、クッシング症候群の症状が現れされ、顔がひどく腫れされ、首や船など異常脂肪が蓄積されることになる。

クッシング症候群は、倍の首など体の中心部分に太るジュンシン性肥満になる傾向が高い▲出処=ピクサーベイ

このような症状は、ほとんど突然起きる倍体の周りに急激に太る一方の腕、脚は細くなる中心性肥満になる傾向が多い。 内分泌系の問題で発生する問題であるため、肥満とは異なる傾向を示す。 次に、クッシング症候群についてさらに詳しく調べてみよう。

単純な肥満ではなく、クッシング症候群

クッシング症候群は、女性が男性より発生確率が8倍高いことが知られている。 また、通常4〜50代で多く発生することも知られている。 代表的な症状は、肥満があるが、皮膚が薄くなって顔が赤くなって脂肪が蓄積された部位に妊娠線と青い血管が表示される症状などがある。 また、にきびと多毛症、高血糖、高血圧やうつ病などの心理的な症状が現れることもある。 そして多くはないがメンズの症状が現れることもある。

クッシング症候群は、男性ではなく、女性からはるかに高く表示される傾向にある▲出処=ピクサーベイ

一般的に表示される機序は、ストレスやいくつかの要因が副腎の内部問題を引き起こすせるためだが、ステロイドや鎮痛剤など、いくつかの薬が影響を与えることになって表示される場合も多い。

通常、体に太ると考えて星のないものと考えている場合はが多い運動や食事量の減少にも痩せずに続行肥満の症状がひどくなった場合、クッシング病を疑って見る必要もある。 特に極度の疲労感や憂鬱などを経る場合が多い。 一般的には肥満と非常に似た部分が多いので、4〜5年以上放置する場合が多いこの程度になると、いくつかの合併症を伴うことになって、ひどくなると心血管系疾患や呼吸困難までつながる可能性があります。

単純な肥満だと考えてクッシング症候群を放置することになる場合が多い▲出処= Flickrの

副腎から分泌されるコルチゾールが過剰になると、骨粗しょう症が誘発され、病的な骨折が発生することもある。 特にこれは、老年で多く発生することになる肥満とこのような症状が一緒に持ち帰るため更年期症状や老化症状と勘違いするようになる場合も多い。

一般的に、クッシング症候群は、身体の外部的な要因によって発生する外因性クッシング症候群である場合が多い。 しかし、身体内部的な問題によって発生する内刃クッシング症候群も少なくない。 特に内因性クッシング症候群は、下垂体に発生する良性腫瘍や禅によって発生する場合が多い。 下垂体だけでなく、副腎の腫瘍のために発生することになることもあり、副腎腺腫、富シンアム、結節性過形成などがある。

クッシング症候群を克服するには?

クッシング症候群の治療は、副腎にできた腫瘍のためである場合、腫瘍を摘出する手術的治療が必要である。 手術的治療が難しい場合は、薬物を用いて治療する方法がある。 下垂体に腫瘍がある場合でも、手術的除去をしかし、薬物治療やレーザー治療をすることもある。 もしステロイドがクッシング症候群を引き起こすなら、ステロイド薬の服用を中止するようにするのがよい。

クッシング症候群は副腎や下垂体に生じる腫瘍が問題になる場合が多い▲出処=ウィキメディア

クッシング症候群は、面ヨンリョクが低下起こることができる症状でもある。 そのため、コルチゾールの上昇を防ぐのに役立つビタミンBやEが多く含まれている食品を食べるのがいい。 ほうれん草、ケールなどの緑の野菜とサーモン、卵、チーズのよう免疫力の高さの食品を摂取することが有用である。 この他にも免疫力高める方法を介してコルチゾールのレベルが高くならないように留意しなければならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!